S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ヒプノセラピー体験談 ミュンヘンでの人生  40代 男性
2016年に受けて下さった方で、今回はいつも見る夢の内容がわかりました。
ご本人様が、テープを聞きながら(催眠が深く話した事を覚えていないため録音)
文章を書いて下さいました。シェアを快く申し出てくださいました。

催眠の中で出てきた家族は、現在の家族ではないとの事。

現在の人間関係の中で特に思い当たる人がいないそうです。

表情や声、しゃべり方が年令によって変わっていきました。(言葉づかいがだんだん丁寧に)


注:前世を感じない方も時々いらっしゃいます。心にとめてお読みください。


誤字などあるかもしれませんが、勢いそのままに載せてあります。
よろしければ、是非ご覧ください。


************************ここから送って下さったメールです*******************

二回目の退行催眠を受けてから自分の一つ前の姿、顔、服装などが、帰宅中にふわっと浮かんで見えてきました。
さすがに、直前の人生だったので、身体も結構だるくなり疲れましたました。(心地よい疲れです)

今ある身体の症状の原因がわかったのはとても良かったです。

昨日のヒプノセラピ−の内容、西ドイツ編を少し簡単にまとめてみました。

夢でよく見ていた、一つ前の人生のドイツに戻ってみました。





1941年生まれ 性別 女性
名前・エリザベ−ト

父親は二歳の時に、遠征先で戦死。1943年ドイツ軍の将校。

母親は六歳の時に、病死。1947年(おそらく当時流行っていた結核だったらと思います)とても優しい母だった。
年が近い弟は三才に亡くなる。1944年


住所は西ドイツ商業都市ミュンヘン。

場面は1954年。13歳

お気に入りのワンピース
(上からすっぽりかぶるタイプ)を着て、靴は茶色でパチッと留めるタイプを履いている。
髪は金色で肩までありリボンをしている。
かなり社交的な性格。

(催眠に入ってこの少女に戻ったとき、肉体の体の回りの気の身体が変化するのがわかった。この少女の身体になっていた)
今いる場所は外。石造りの道を散歩している。


アパートのベランダにあるお花のポットを見ている。お花は小さい。
自分の家はこの通りの近くだ。

場面は変わり、自分の家。
大きなお屋敷。芝生の庭に大きな元気な犬がいて、私にすごくなついている。(パトラッシュみたいな犬)


家の中に入る。お祖父さんがいる。私の母方の祖父。大きな置時計があり時刻は午後1時20分を指していた。

(去年、夢の中でみた父親だと思っていた人は、自分のお祖父さんだった、町のお店に行き画材道具を買いに一緒に行ったり、カメラ屋さんにも見に行った。この時の、夢はとてもリアルだったのを覚えています。夢の中でドイツ語で会話もしていました。)


食事の時間。
私が座る場所は、長いテーブルの左のはじっこ。
お祖父さんは真ん中に座る。
目の前に、お皿、フォーク、スプーン、ナイフ、パンも置いてある。

食事の席に両親の姿はない。

好きなことは、お茶とクッキーを食べるのが好き。
二階の私のお部屋。

大きいグランドピアノが置いてある。
ピアノのメーカ−はベ−ゼンドルファ−(オ−ストリア製で確か97か98鍵盤あるピアノ)
ピアノは母親から教わった。

(今の自分が10代の時に、このメーカ−のピアノに興味がありカタログをみたり、東京にあるショ−ルームに行き、スタジオを借りてピアノの練習をしたことがありました。
そんなに上手には弾けませんでしたが、ベート−ベンの月光ム−ンライトソナタの第一楽章と第二楽章は弾きました。)



窓が空いていて、風が入ってきている。

(何故か両目から涙がでてきました。当時の自分に戻ったからでしょうか。)

場面は変わり1955年14歳。
病室のベットで点滴をして寝ている。肺の部分に疾患がある。

病院生活はとてもつまらない。

場面は変わり1958年17歳。
墓地にいる。棺がみえた。お祖父さんが死んじゃった。私、一人だけになっちゃった。寂しい。

場面は変わり1968年。27歳
海が見える。すべての寂しさを忘れるための一人旅。本日は快晴。場所はエーゲ海。
この旅で大きな変化はなかった。


場面は変わり、上から下を見ている。森が見える。あ!私の家だ!この時私は既に肉体を離れていた。

1968年のエーゲ海の旅先で、数日後に交通事故で亡くなる。身体が挟まってしまった。
その時の影響が、今の身体の背骨、右側の肋骨にでているとわかった。

どんな人生だったか・・・戦争があったか嫌だった。家族も亡くなり親戚もみんな死んでしまった。
やりたかったこと・・・
花壇を作り綺麗なお花を植えること。


この時代から、今の自分に引き継がれているもの・・・芸術的な感性

結構、大変な人生だったと思いました。一人で寂しかったと・・・

催眠中のしゃべり方も、少女の時は子供っぽく話し、成人したときは敬語を使い話してました。

今回は二時間半ぐらいの退行催眠でした。

2時から少しお話をして、催眠に入りお茶を飲み終わったのが5時ぐらいです。
| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 18:05 | comments(4) | - | ↑TOP
ヒプノセラピー体験談 遠いインドの記憶  男性
不登校も経験、働きもした、それから海外で活動もした・・・

何年か前に、両親の為に日本へに戻ってきた男性。様々なセラピーを受けて
(ホメオパシー・数霊セラピー・オステオパシー・音楽療法等)

ご自身の体調も徐々に良くなり、時々みる不思議な夢をヒプノセラピーで確認したいとの思いがあり

来て下さいました。それらの夢は「少女で短命、近代が多く」

本人もそういった内容が出てくるのではと思っていたかもしれません。

しかし出てきたのは遠いインドの記憶です。


普段の彼よりとても落ち着いた、腹の据わった、落ち着いた語り口でした。

しばらくしてメールをいただき、(個人の内容が特定できるところだけ削除してあります)

シェアして良いといただきましたので遠慮なく使わせていただくことにいたしました。

下記はご本人よりいだだいたメールと  退行催眠の内容を書いたものです。

よろしければご覧下さい。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・・・・・いただいたメール・・・・・・・・・・・・

今回ヒプノセラピ−受けてとても良かったです。最初は緊張してドキドキしていましたが、しらないうちに、

リラックスしてきて深い意識の状態になることができました。しかし1万5千年前って!ちょっとびっくりでした。


その当時の、自分の持っている能力が現代の今ここの自分にもちゃんと受け継がれているんだと、

確信を持つことができました。

時間をかけて開花していきたいな〜と思います。


実は、土曜日にヒプノを受けた日から、父親の体調がすぐれなくなりました。

今まで、父親の分も肩代わりで背負っていたものが、ヒプノセラピ−で本質の自分を取り戻したことにより、

父親のネガティブエネルギーが、どこかに飛んで行ってしまったようです。

(お父さん、ちゃんと自分のカルマ精算してね〜という感じです。)


今回は、とても素晴らしい時間を作って頂き、本当にありがとうございました。

本当に魂の深い領域からの癒しでした。寺院の先生に会えたときは、実は号泣しそうになっておりました。

泣きそうなのをグッとこらえてましたが、右目から涙が溢れてしまいました。それでは!Mより




/////こちらから前世療法の内容です//////////////////////////////////


足のうら・・・土の上 小さい石がある・・・裸足  しっとりしている(土)

長い丈・・・布をまいている 腰から下だけ一枚
上半身は布一枚はおっている 端っこに柄がある・・

髪の毛ない テカテカしている(剃りあとない)

くりくりした目 鼻はしっかり高い  口は横にひろがっている

 体は細いけどしっかりしたかんじ  額に書いてある 額に紋章 Uの字に1棒

今は・・・男性 30代半ば  インド



岩・・岩造りの寺院  自分の名前 あるみたいだか難しくて発音できない

村の中にあるような中ぐらいの寺院

老人みたいな男性がいる。(近くに行ってみる)

老人みたいな男性は)私の先生 とても尊敬している・・・


先生から見た彼→ 彼はとても純真 人を思い遣る 自分の身を捨てても・・・

30代 経文の奥義を・・・自然の秩序と法則を・・・(学んでいる)



突然肉体から離れ空にいると教えてくれました)


空の上にいる  体がないから・・・空気とひとつになっている

これはこれで・・・肉体がなくても違和感無い・・・

肉体があると 心の拡がりが限定される

空の状態から彼へ→  何も心配せずに全てをゆだねて。全てはうまくいく

           時がくると戻らされる 霧のようなものなので霧が晴れると太陽が見える。
          
           それまで待ちなさい。色々大変 宿命 

           さだめ・・・ サポートするから大事にはいたりません。




肉体の前世へ戻る)

先生のいる石造りの寺院へ戻る

朝、沐浴して・・・衣類を洗って、干して、食事、わずかな食事、お祈り、自然に祈る

来客の人もいる そういう人に祈りを奉げる

経文の勉強 当時書くものはない 体に刻む  経文は意味が深くて素晴らしい

先生は威厳に満ちているが内側の優しさ・・・



13歳の時来た。 親もお坊さんの家系

コブラが出てきた、蛇の中にも神様 サソリも鳥も・・・鷹のような鳥 

それぞれの役割体の真ん中で感じている



25歳 木の近くに立っている・・・寺院の外 少し悲しい気分 誰か死んで・・・

土葬して埋まっている  私の両親・・・

一緒に過ごした小さい日々の・・・思い出す・・何気ない1日の生活が幸せだった・・・



37〜38歳(大体今から1万5千年前)

寺の中・・・経文を唱えている 毎日  (小さい子 若い修行僧の)まとめ役になっている。

やりがいがある。

悩みは特にないが・・・1人不真面目な彼を・・正しい方向にもってゆけるか・・・



280歳

管理人・・・ その場所を守る人  見た目は40代と変わらない
    
この時代は今と違う長生き・・・ 体の大きさも違う 背が高い 3メートルある

食べ物はほとんど食べない。

話す時も想いでコミュニケーション・・・自然の法則に従っている人 短命でもある


自然・・・鳥のさえずりの中に宇宙が・・・風が吹くと・・・・  川の水は心を癒す・・・



臨終の時

  最後、肉体から布を脱ぐような ただそれだけ・・・
  
  一人で亡くなってゆく 動物がいる 挨拶しに来た・・・


  違う(可愛がっていたのではなく)

  動物達とは仲の良い友人としてお付き合いしていました。



天に昇った人前世の人からメッセージ

彼は、困難は有りますけど打破する。そして自分が やるべきこと・なすべきこと

うすうす感じている。

私から彼が受け継いでいるもの 真の強さ と 人の本質を見通す心・・・

特に両親に対して気にする必要はない・・・役割をしているだけ

よく色々な事に耐えて頑張ってきた。それはそれで素晴らしい事!!


準備が必要・・・少しずつ過去のカルマを解消し、両親の事も今受けている様々な療法で調和し

全て解消します。

彼の背中をさすってあげています・・・

人を愛し・・・助け・・・善き方向に導き・・・神の祝福を与えて下さい・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
予定時刻ちょうどにセラピーを終了する。
| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 12:58 | comments(5) | - | ↑TOP
心のざわざわ・人が苦手!でも、本当は愛がある 50代女性  
心のざわざわ・人が苦手!!50代女性  カウンセリング後のメール

家族って繋がっているんだな・・・とあたたかい気持ちになったメールをいただきました。
家族の中の一人が革命を起こす!大げさでしょうか?私はそう思っています。
私が家族を変えるんだと、勇気をもって私は催眠療法をうけたのでした。それが仕事になっています。

ご本人の許可をいただき、文章を載せております。

他の所で2回ほど催眠療法を受けてみたそうです。

遠方よりお越しのため午前・午後を通してセッションをご希望でした。


結果的に申しますと、前世より誘導しましたが、途中であまり浮かばなくなり、霧や雲が立ち込めてきたとのことで、最初に説明した通りにB美さんの小さい時に戻っていただきました。

ちなみに翌日、寝る直前ウトウトしていたらご自身で「鮮明な前世を観ることができた」とメールをいただきました。※そちらは許可をいただいてOKであれば出してみたいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



世間から見た我が家は普通の家庭に見えるかもしれないとB美さん。何ともいえない重苦しさ・ざわざわした感情を探ってゆきました。ご両親・兄姉・職場・に共通する『状況を変えようとしない』態度に腹がたっているとの事。ちなみにB美さんは一歩一歩進んでいる努力家です。

『相手は変わらない、変えられるのは自分』というのは本でも何かのセミナーでも見聞きして、

もちろん解っている。ええ、解っています。解ってはいるが、腹が立つ!!


子供の頃に感じた重苦しさ・ざわざわした様子は今の職場でも同じ状況になる話、

何か言えば お母さんが「私がいけないのね、私が死ねばいいんだ」と子供の頃に言われて恐怖を感じたB美さん。

とても本音でワガママや自分の感情を伝える事ができなくなった。無表情(ブリキの人形)の自分でいるしかなかった。

そして、女手一つで育てた息子さんは立派に家庭と子を持ち・・・安心とともに、ちょっと寂しい。

出る幕のない自分。どっぷり頼られると困るけど、けど、ちょっと息子よ気にかけておくれ〜という
可愛らしい本音とともに。



せめて、/瓦離競錺競鏨兇どこから来るのか探ってみよう⊂さいB美さんの本当の気持ちを聞いて受け取ろう ということをテーマに話を進めてゆきました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こちらからいただいたメールです。


緒方様 こんばんは。

本日は、長時間カウンセリングをしていただき、申し訳ない気持ちと感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

今回も、カウンセリングの流れとはいえ、前世が見えずとても残念ではありましたが駄菓子屋さんの場面は想像もしていなかったので、あんな小さな時から親(相手)の言動をザワザワと震える心や体で察しよう察しようとしていたと知り、小さな自分がとてもいじらしく、頑張ったねと強く強く抱きしめてあげたいです。


幼い頃の母子関係や親子関係は、その後の人格形成に大きな影響を及ぼすのだなと改めて実感しました。

だけど、親は親なりに母は母なりにその時の精一杯で接してきていたんだなということも、これまでのセッションよりも理解出来た自分がいます。

色々あったけど、これでいいじゃない⁈

自分が手探りで悩みながらして来た子育ても、

自分の親達がその魂でその時々の精一杯でして来てくれた

私への子育ても一緒じゃないの?ね?私?と言えている今夜の私がいます。




また、飾ることなく、ご自身の身近な方のお話やクライアントさんの実例も参考に色々お話を聞かせていただくこともできて、緒方さんのところに突撃⁈して良かったなと思っております。


今夜からそして明日以降も、緒方さんが仰っていたように、ペーパー1枚1枚積み重ねるように、今日のセッションを思い返したり考えたりしながら、新たな理解が深まって行くと思います。楽しみです。


新幹線を降り車を走らせ、実家にワンコ君を迎えに行くと、

濡れ縁の上に立ってるワンコ君と、少し離れて濡れ縁に腰掛けワンコ君に話しかけてるようにしている

父の姿が目に入りました。「お世話様でした」と私が父に声をかけていると、

聞き付けた母が(最近自分から進んで顔を出したりしなかったのに)

T(私の息子)達が今さっき忙しそうに来て、

出張のお土産をB美の分渡してねって置いていったよ」
とお土産を手渡してくれました。


お嫁ちゃんも一緒だった事、ひ孫達も来て、下のひ孫を抱っこして嬉しかった様子などを

笑顔で自分から話してくれました。

なんということでしょう!(ビフォーアフター風)昨年の年末から、実家も私も息子のところも、

てんでんばらばらな動きをしていたのに、同窓会よりヒプノを選んだ私が、

近くない緒方さんのところでカウンセリングを受けて帰宅した途端に、

それぞれの魂が集まってくるみたいなこういうことって超意識のところで、

ちゃんと繋がってるんだとニヤニヤするほど嬉しくなりました。


不思議だなぁ♬面白いなぁ♬



重箱の隅を突くようにあれこれと、私よりずっとお若い緒方さんに悩みを聴いていただきましたが


うちの家族もそんなに悪くないかもなぁ。と思っていいんじゃない⁈と言っている自分がいます




この時間になって、昼間のことなど忘れたかのように、ちゃっかりしたことばかり並べ立てて申し訳ありません(^_^;)

また明日からハードな仕事の1週間が始まります。先週たくさん休んで仲間に迷惑をかけてしまった分一生懸命働こうと思います( ̄^ ̄)ゞ

本日は本当にありがとうございましたm(_ _)m

B美より
| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 17:42 | comments(3) | - | ↑TOP
春らしい喜びの声 ヒプノセラピー体験談
皆さま、筆不精??をお許し下さい。2015迎春らしいメールが届きまして、

ご本人様より公開して良いという承諾をいただきましたので、ご紹介させていただきます。


ご相談内容は

「恋愛について積極的になりたい」

人と話す事が得意ではないし、出会いの場にいっても 独り?になるのではと踏み切れず
この消極的な気持ちを少しでも良くできたらと思っています。



相談者は20代後半男性Aさん。服装なども派手ではないが
清潔感があり好感をもたれるファッションと私は見ました。(本人は全く狙いはありません)

表情は硬く、ご相談の通りではありましたが、話を始める事にしました。


職場でも友人であっても 相手の会話を拾うのが苦手で手汗がでたり、話が聞こえない事もあるようでした。

学校生活では、高校2年の時に孤立をしていたこと、それ以外では中学と大学は結構楽しめたそうです。


もちろん、大人になればワイワイいつもみんなで一緒というわけにはいきません。



緒方:「男は うん・うん・それで?とうなずいていれば大丈夫と思いますよ。石田純一さんぐらいでしょう

 女性の話を拾えるのは・・・普通は拾えない。だから聞いてあげればいい。 そうか〜 その後は?

 ぐらい言っておけば女性との会話は成立するから大丈夫です。私は話しの上手い男に会った事ありません」


Aさん:「話がうまくないと女性にモテナイのでは?」

緒方:「女性はしゃべるから、Aさんが合いの手を入れるだけで成立するので大丈夫ですし、
    
    前もって、話すのが上手じゃない と言っておけば相手は期待しないで受け止めてくれるし

    気が楽になりますでしょ? 」



もちろん、このコミュニケーションの話はAさんの職場での人間関係にもつながってきました。


僕は緊張しやすいし、話すのが上手ではないのですが、一生懸命します  と言ったら誰もが

彼をフォローして誠実さを活かした仕事をさせてくれるでしょう。私の知人で赤面症の男性が会社の部長まで

出世したのですが、未だに声も小さく、強いリーダーシップを見せつける人ではないのですが、人の良い所を

活かせる事と人に敬意をもって接していたことが周りの協力を得たのだとおもいます。



話をしていると、彼に笑顔が見えてきた。とっても素敵な笑顔だった。


緒方:「Aさん、その笑顔、その笑顔で乗り切れます。話し詰まったら笑顔、すごくいいですよ」

Aさん:「え〜!!」

緒方:「合いの手・うなずき・笑顔 これさえあれば最強ではありませんか」


独り暮らしして料理を楽しめるようになった事や時々はジムで体を鍛えている事、好きなアーティストの

話も聞きましたので、それを女性との会話に取り入れたらきっと話が楽しくなるだろうと思いました。

積極的な自分になりたい!!

本人との相談の結果、人格会議で「コミュニケーションを取ることに積極的になれない人格」

を呼び出して話を聞いてみようという事になりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・(人格会議)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


出てきたのは二人です。Aさんの中に潜んでいた人格です。


人格1:神奈川県在住という14歳の男子中学生で前髪が長くて顔が見えません。学ランを着ています。
汚れてヨレヨレの学ラン 昭和の感じがするそうで(少し昔の人)
  彼を キタロウ と名づけました。

キタロウの話を聞いてみました。


人格1キタロウ:「顔を見られたくない・・・バカにされそうだから・・・無反応も恐い


人格2:ナナミ:23歳女性 本人は ナナミと名乗る茶髪の大人っぽい長いストレートへア
    
        白い服にピンク色のカーディガンを着ています。



キタロウは見た目に自信がなく人と接触をしたくないと言ってましたが、


Aさんが「確かに不細工、顔が悪いから隠そうとしていて暗い。解る気がする・・・まずはキレイに」


そのリクエストにキタロウは応えなくても良いのですが、キタロウは変わりたいといい変身しました。


髪をさっぱりした方がいいよとAさんのアドバイスに


キタロウ:「さっぱりしてるけど長めの方がいい」


と言って 髪の毛を分けて新品の学ランを着ました。胸を張っている中学生になりました。


ナナミ:「(キタロウをみて)はじめはビックリしたけど、今は元気な印象。
                        おもしろそうなキャラ。いじってみたい。」


ナナミ自身は極度の照れ屋で、男性が苦手で目を合わせることもできないと言っていました。


しかし、Aさんに役だっているのは繊細さとファッションや清潔感というナナミのもつ女性性であったと

思います。


キタロウとナナミはこれからもAさんを応援してくれるそうです。


それから、2〜3カ月のちメールをいただきました。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

緒方妙子様

ご無沙汰しております。そして、明けましておめでとうございます。
以前、「積極的になりたい」ということで相談しました、Aです。

少し報告させてください!

カウンセリングを受けさせて頂いてから、3回、街コン等に参加しました。

そしてついに次の休日、仲良くなった女性の方と、デートとまではいかないですが

遊びに行く予定が入りました!

今までの自分なら、コンパに参加することはおろか、

参加しても1回目で挫けてお終い、という感じだったと思うので、

3回も挑戦すること自体が信じられないです。

これもひとえに緒方さんに後押しして頂いたお蔭だと思っています!ありがとうござ
いました!

相談ではないのですが、つい嬉しくてご報告させていただきました。

一つ不安があるとすれば、相手との会話は覚えていても、失礼ながら容姿がちょっと

おぼろげな

記憶なので、ある意味初対面とかわらないかもという点です。


何はともあれ、引き続き頑張ります! 本当にありがとうございました!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このデートが成功したか?はわかりませんが、引き続き頑張る!という一文は
とても力強いものです。

年始のとても嬉しいご報告でした。Aさんありがとうございました。

camellia 緒方妙子
| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 11:55 | comments(4) | - | ↑TOP
八月の休日と お客様の声 やはり生まれ変わりたいです。ヒプノセラピー
8/31日ですので、筆不精のわたくしも書きたいとおもいます。年令退行と前世の体験談もいただいておきながら
なかなか掲載しないことをお詫びいたします。


さて、私ごとですが8月の夏休みは2つの球場で盛り上がりました。

一つは 神宮球場の 花火大会です。国立競技場では花火打ち上げの前に、ジャニーズのコンサートがあります。

私はジャニーズはそんなに興味がないのですが、近藤真彦ならいいかな?と思って

一人で大盛り上がりした次第です。

一人で盛り上がれるのは私の長所です。恐いかもしれませんが・・・


若いグループは SEXY ZONE(セクシゾーンってすごい名前ですね)

「こぉくりつ〜(国立) お前らついて来い・・・」 なノリで中高生はキャーキャー言ってました。

 若さってす・て・き


さすが48歳のマッチは大人でした。

「皆さん、今晩は、近藤真彦です。今日はようこそお越しくださいました」 (高級なお店のようです)


唄はギンギラギンにさりげなくも唄いました。(もちろん私は勝手に熱唱!!)

マッチファンの年齢層が広いのでビックリしました。



8月12−14日はお休みをいただきまして、甥っ子・姪っ子の従姉弟3人を連れて神戸に行きました。

一人っ子同士の3人ですのでみんなで寝泊まりする時間がとっても楽しかったようです。


13日は朝4:53分 阪神電車の始発にのり甲子園球場に行きました。当日の朝はすごい豪雨で20年ぶりぐらい

ドラマティクに雨に打たれました。落ち武者のようになりながら球場ちかく屋根まで猛ダッシュいたしました。



去年は16日だったので試合も終盤、朝からすごい人の列でしがた、

今年は朝も人がすくなくなかなか良い席で観ることができました。


勝負の世界で甘い事はいってられませんが、オバさんの心としては 「どっちも勝ってね」と

無理難題な気持ちを胸に観戦しておりましたが、負けたチームが球場を去る時、涙を流しているのを見ると

ほんとうにこちらも涙があふれて爐△蠅とう瓩箸いΦせちが湧いてきました。


当日は大阪桐蔭も第三試合に出ていましたが、私の気持ちは

「へ〜みんな小ぶりなんだ」と思っておりましたら、ピッチャーの藤波君が197センチの長身だということで

周りが小さく見えていたのです。


第一試合の 神村学園VS智弁和歌山はすごい盛り上がりで、智弁の応援団も観客も熱い人がおおかったのですが

素人の私からみても神村学園は落ち着いていました。恐ろしいぐらいの落ち着きでした。

私は野球に詳しくない分、違う所から試合を見て勝敗を何となく感じる事ができます。



さてさて、休み明けには地方からのお客様をお迎えしましたが

「ぼくは絶対に生まれ変わりたくないです、もう今の人生を終えて人間には生まれかわりたくないです」

とおっしゃっていましたが、前世療法後、未来世をみてみると

「どこの国かわかりませんが、大きな中華料理レストランのオーナーです・・・・」 

 とても詳細に語ってくださいました。


「やっぱり生まれ変わりたいです、何の不安もありませんでした。


今の仕事とは全く関係ないですが


 供養したご先祖が力になってくれているのがわかりました。」



聞いている私も心が温かくなりました。良く生きて徳を貯金していたことが

来世に活かされることが良く解かったとおっしゃっていました。


一人ひとり、生きることに喜びを感じる事ができたら本当に楽しいですね。


皆さま、9月もまたよろしくおねがいします。






120813_0754~01.jpg120810_1851~01.jpg

ヒプノセラピー Camellia 緒方  

東京都 目黒駅 練馬駅 ヒプノセラピー    品川駅・東京駅・からも便利
東京都 目黒駅 練馬駅 前世療法       品川駅・東京駅・からも便利
東京都 目黒駅 練馬駅 催眠療法       品川駅・東京駅・からも便利
東京都 目黒駅 練馬駅 ブライアン・L・ワイス  品川駅・東京駅・からも便利
東京都 目黒駅 練馬駅 カウンセリング     品川駅・東京駅・からも便利
東京都 目黒駅 練馬駅 悩み相談        品川駅・東京駅・からも便利
大江戸線沿線  山手線沿線 西武池袋線沿線 南北線・三田線 駅近くです。 

| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 15:44 | comments(4) | - | ↑TOP
前世療法体験談 甘えられない性格 心の葛藤を探る
前世療法体験談  甘えられない性格 関西方面Nさん

・・・・・・・・・・・Nさんからのメール(原文のまま)・・・・・・・・・・・・・・・
先日は直前の申し込みにもかかわらずセラピーをしていただき、ありがとうございまし
ブログを拝見して、こちらこそお礼をお伝えしたいと思いましたが、
さすがに恥ずかしくて直接コメントはできず、メールにしました。

自分の行動を規制してしまうのは、誰よりも自分自身なのだと、思い出させていただきました。

少しずつでも「甘える自分」も好きになっていきます。
実は6日から3日間、精神休養のため休んでいます。やっと日程調整ができました。
この3日間もだらだらして、甘えて、のんびり過ごしました。

子供たちは、夕方帰宅したときに私がエプロン姿で「おかえり」と言いながら
夕食を作っているだけで嬉しいと言ってくれます。
家は片付きませんでしたが、心の中は少し整理できました。
またお会いできるのを楽しみにしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



先日、私に人格会議の手法を思い出させてくださったありがたいNさんより体験談を

いただきましたので、ご紹介したいとおもいます。


ある専門職に関わっており、仕事が認められ、ある教育機関より指導育成をする職に

ヘッドハンティングされました。人当たり良く、40代後半の活発な女性です。


子供2人を一人で育てながら、仕事・家事・行事をこなし、リラックスの時間も取っていますが、

「リラックスしよう!!リラックス!」とリラックスできていないと笑っていました。

☆疲れている事
☆子供たちの反抗期に「そういう年頃」と頭ではわかっていても疲れる事
☆新しい土地に引っ越したので友人や話をする人が気軽にいないこと
(彼女はけっこう社交的ですが忙しく交友関係を築くのも大変)
☆携わっている仕事に地域格差がありすぎて驚いたこと
☆職場環境(仕事を断れない・個室が欲しい)

などなど、話をするうちに・・・

Nさん:「上手に自分を甘やかすことができないんですね、切り替えができてないようです」



催眠状態に入り、Nさんの「自分を甘やかすことができない」人格登場してもらい、

心の会議室の中に入ってきてもらうことにしました。





Nさんが、部屋の奥から会議室を見ていると扉の向こうから

いつもNさんを見守る心の先生が来ました。

弓道の人?真っ白な袴をつけて白髪交じりの髪をおろしている年寄り

その後、順番に4人の人が扉から入ってきました。
そして楕円形のテーブルに着席していったそうです。



甘えたいのに、甘えられない心の葛藤4人の人格 銑



右手前の席20代の女性
(若くて仕事して元気の良いヨーロッパの女性 明治時代ぐらいの人)

この人は(Nさん)簡単なのに!そんなこと聞いてくる!甘えられないの?どこかお高くとまっていて、
(辛辣に)遠慮するからよくないもっと、こういう風にしてほしいとかいえばいい。どんどん言っちゃえ!




∈玄蠢阿寮福30代の男性
  (アジア系 髪短い 白いシャツ 少し前の世代の人)
 甘えるってことには、否定的、依存すること、相手に下駄をあずけちゃうこと。
 基本的には一人なんだから無意味
 小さい時から自分で生きてゆかなければならなかったから考えたこともない
 厳しい時代だ。(戦後すぐの人かもしれない)



左手奥の席 小学校5年生の自分
  (自分の子供時代 ちょっと暗い顔をしている)
 
   愛情をかんじるんだけれども、それには答えないと言っている。
 
   答えると・・・しっかりしている=わがままを言わない事。
   よけいな手間をとらせない。

   弟・・・3つ下・・・小2・・・駄菓子屋で万引きして。急に太ったりして母が心配して、夫や弟の事で泣いている母を見て「私はこういうことはしないし泣かせない!」


父と遊ぶ年でもないし、少林寺拳法を日曜の夜していた・・・

それから、日曜の夜の一家団欒でも父との距離がでてきた・・・

自分が大人っぽくしていることで親が喜ぶ。

むずかしい年頃。体も大きかった。それが誇らしくもあり、背伸びしていた。




ぁ ̄手奥の席 50代後半の男性
  (なぜいるの?前世の人ではない(憑依している人かも))

  結局、人は一人で生きて一人で死んでゆくし、無常で変化してゆくもの。だからもう、本当の束の間だと思って
  いるのでなんで、甘えることが必要?だと思う。そんなに甘えるほうが不思議



「甘えたいのに、甘えられない」自分の中に4人の人格がそれぞれ、確認できました。

 さらに、4人の意見を聞いてゆきます。




20代女性人格 どんな意見が返ってきても傷つかないと自分は思う。この人ほどリアクションを求めていない。          「思い切って勇気を」と言ってるのに。

Nさん:「リアクションが返ってこないと傷つく。いちいち傷つくのが面倒(だから甘えない)。
                                   20代女性からボールを放られた」

30代男性人格  基本的には甘えるっていう・・自分の中の弱さ。否定する必要ない。依存が悪いわけではない。         一人で限りがある。時々はいい。甘えるようなやつは死んでゆく。

Nさん:「別れた夫に甘えればよかった。上手に甘えることも大人。甘えていればかわ・・」



小学校5年の自分
   もっと、そんなに、頑張んなくてもよかったのに、五島に行く
   (小学校5年のじぶんが小2の弟を引率する心細さ)でも、多分そういう許されなかったけど・・・

   自営で働いている(お父さん)・・・会社つとめしている(お母さん)・・・

   カギっ子と言われ母さん大変・・・(左目から涙)


お母さんから見た小5のNさん:スキンシップ足りない。逆に抱っこすることで(自分も)してもらいたかった・・・
               イラっとしたときもあった。娘の髪をとかしている。私も、自分もしてもらってな               いから・・・Mは(小2弟)勝手にひざにのってくるから・・・
               どれくらぎゅーっとすればいいのか・・・
               私も一番下の子だと姉さんたちと風呂にはいった。

             (お母さん自身も親から直接なスキンシップはなかったので、解らなかったようです)


小5年Nさん:お母さんとのスキンシップ・・・一緒にごはん作る・・・

       私が野菜切ってる(涙)


お母さん:台所が狭かったし、さっさと作ってしまった。こんなことが嬉しい・・・
      一緒に何かすることがなかったから・・・嬉しい・・


学校5年の自分、甘えられない理由について

「お母さんを悲しませたくない。じぶんがしっかりしなくては」という心の誓いや、

その他の人格についても葛藤を生ませた原因のようです。




最後に、

Nさん:「何か楽観的に考えてもいいんじゃないか。受け入れられなかったらどうしようと考えないで・・・」

20代女性人格「その方がいいよ~!結構うまくいくもんだ」

小5年自分「生まれて、受け入れてもらいたら幸せだった・・・やってみたら?」

Nさん:「ああ、そうか簡単なのか」

60代男性:「子供は母親の愛情が必要で、その時、得るのは大事、永遠の。甘えは否定しないけれど、何もかも束の     間なので、何で必要?続かないものに必要なのか。私は修行している、書いている、甘えても、甘えが満     たされて、一瞬幸せでも、それが欲しいのか・・・何もかも解っているれば大変なことから乗り越えられ     る。
     そういう何か起きた時に、本当に、病気で一人になった・・・家族を亡くして40代で・・・何も
     なくなって」


20代女性「みんなに言いたいんだけど、甘えて受けてもらえると、嬉しいよ。
                        ダメな事もあるけど、受け止めてくれるひともいるはず」


30代男性「こういう時に、時代に生きたかった。私はこの人が(Nさん)辛い境遇に役立つ。裏切られたりしたら
    そもそも頼んだ自分が悪いと・・・これからは良い絶対頼っても大丈夫」



心の先生からNさんへメッセージ

「必要以上に構えることがなくなるので、本当はゆったりして力を出すひとなので、

あまり あくせく しない方がいい」




人格会議終了


・・・・・・・・・・・・Nさんからのメール(原文のまま氏名のみ加工)・・・・・・・・・・・・・・

メールをありがとうございました。
体験談はお役にたてるのであれば、いつのものでも載せてください。

頭でわかっていることと、心が納得していることとは違うのだと、そして心は自分の魂の経験に影響されている
ことが多いのだと、改めて感じられたのは、貴重な経験でした。

明日から仕事に復帰です。

○○さんからは「また仕事が増えたから、お楽しみに!」というメールが来ました。
楽しみながらやるという点では○○さんにとても敵いませんが、気持ちの余裕が出てきたようです。

昔、父は少林寺拳法の教えの「力愛不二」「半ばは人のため、半ばは己のため」という考え方に魅かれたのだと
よく言っていました。そうでありたいと、最近思うようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Nさん体験談ありがとうございます。

カウンセリング・催眠療法 Camellia


催眠療法体験談 東京都 目黒区 渋谷区 港区 練馬区
前世療法体験談 東京都 目黒区 渋谷区 港区 練馬区
ヒプノセラピー体験談 東京都 目黒区 渋谷区 港区 練馬区
ブライアンLワイス博士 東京都 目黒区 渋谷区 港区 練馬区
心の相談室 悩み事相談 恋愛相談 東京都 目黒区 渋谷区 港区 練馬区





JUGEMテーマ:日記・一般


| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 17:36 | comments(4) | - | ↑TOP
ヒプノセラピー体験談 年齢退行 前世療法 ダイエット&男性恐怖症を改善したい 20歳 大学生
ヒプノセラピー体験談 年齢退行 前世療法 ダイエット&男性恐怖症を改善したい 20歳 大学生 Nさん



Nさん:「うまく言えるか分からないので書いてきました・・・」

便秘体質であり、

男性が苦手であるが、まず先にダイエットのしすぎを克服したい!



ダイエットは小学生3年生頃から始まり、絶食やサラダと水しかとらない事もあったと。

          Nさん:「将来は出産もしたいし、 やせてなくてはいけない!!

                という“自分の考え”がどのあたりからきているのか知りたい。

                それから食べていないので今は便秘薬に頼る生活をしている」



など、メモをたよりにお話してくれました。



男性恐怖症については、思い当たることが特になく・・・


☆今まで交際した人もおらず、暴力にあった事もない。

☆両親は離婚しているが、それが原因であるかわからない。

☆以前に霊能者の人に前世にその因縁があると言われた。



父親から、「末っ子だから出来が悪い お前はできない」という事を言われて

比較される・バカにされたくないと思ったそうです。

お話の中で家族関係を確認しながら、年齢退行に入ってゆきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学校1年→6年→3年と大好きな先生の事や体育の授業に出たくない気持ちなど

が浮かぶ。みんなの足をひっぱるから、体育の授業にでたくない・・・


家のシーンでは小学校低学年で、学校で残したパンについて言われている場面や

お母さんや、お父さんの中に入って自分への感情を確かめた。


「お前はできない」と言っているお父さんの中へ入ると

お父さん:可愛いけど、自信なさそう・・何の不安もなくちゃんと幸せに暮らしてほしい。

もっとやればできると信じている」と言い、ぎゅうっと抱きしめてくれたそうです。

お父さん:「(娘が)臭いとはにかんで笑っている」

Nさん:「お父さんが、あぐらをかいたおひざの上でぎゅっとしてくれる」



しばらくして、保育園年長のシーン


「デブ よるな」

と上のお兄ちゃん(小2〜3年)達に言われている場面が浮かぶ


Nちゃん:「お兄ちゃんは意地悪!!」


お兄ちゃん:むかつく、あいつばっかり母さん・・・


  とお兄ちゃんの心の中に入って確認しました。お兄ちゃんはNさんを可愛がるお母さんに嫉妬していたようです。


(涙がたくさん溢れてきた)


お兄さん:本当は可愛い妹・・・いつも付いてくる・・・


そして、兄や姉さんに言いたいことを主張する。


「(私の事を」ばかにしないで・・・」(涙)と、体当たりして


お兄ちゃんに言った。


(大人のNさんが、小さいNちゃんと対面)
 

泣いて、私の手を握ってきます・・・・





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆   前世療法  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

硬い・・・冷たい・・・靴の上から感じてる・・・

ヒールはえんじ色・・・低めの・・・体は普通より細い

えんじ色のスカート ひざより長い・・・長袖で つながっている・・・

髪は・・・茶 ちじれ 長い 結わっている・・・ 目はグリーン


今、26歳 17世紀 フランスの辺り?・・・

ちょっとシンプルなドレス(えんじ色)  道路・・・・

何をしているか分からない・・・


家は石でできて平屋中ぐらいの家・・・ 中は薄暗く、母さんと弟がいる。

今、22歳・・・



26歳 台所でみんなで食事している

お父さんは、笑顔で白、ちょっと汚れた服をきている・・今の父親・・・(今世の)

お父さんから見た娘:いい子だけどなかなかお嫁にいかない。帰りが遅かったりすると・・・
          幸せに結婚してほしい・・・

          娘「その気持ちは嬉しいけど結婚相手決められる・・・」

お母さん:働き者で楽しそう、今の(今世)おばあちゃん

母からみた娘:良く働く良い子、苦労なく過ごせたらいいけど・・・幸せなのが一番・・・

弟:16歳でわりと大人しい(今世の兄、三男)

弟から見た娘(姉):ちょっと気が強い

姉から弟へ:ちょっと勝気というだけ・・・



27歳 道にいる。販売の仕事・・・花 カゴに・・・ 

沢山の花・・・ 黄色、オレンジ・・・ 給料は良くない・・・


今27歳 お花買ってる・・・男の人・・・

     この前買ってくれたから・・・何度か・・・(涙があふれてくる)

     大好き・・初めは「最近どう?」とか「無理してない?」と話しかけてくれた。

(男性はどんな人?)


背が高い、ちょっと年下・・・ きれいな格好している。


彼からみた娘:ただの花屋の子・・・元気でちょっと気の強い・・

       素敵な人だなと思う・・・


27歳 夜 今、耐えられなくて自分で死のうと思った・・・


胸を刺したら死ねる・・・

(涙が溢れる)信じていたのに・・・裏切られた

はじめて好きだった!!

「結婚しよう」と言ってくれたのに・・・・

歩いてる、他の女性と・・・許せない!

彼は焦っている・・・ ずっと歩いていた・・・


自分で、あの時、刺して動けなくなった(胸を刺して自殺した)


【体から魂が離れてゆく】


軽く、ちょっと下に・・・道に倒れている・・・うつ伏せ・・・緑色?


何で、死んでしまった・・・本当に感情に流されて・・・


すごく悲しい・・・なんで死んでしまった・・・何で・・・



【肉体から離れた魂が行き着いた所】

明るいところ・・・・

もっと、もっと先を信じて生きれば良かった・・・

許してあげたら良かった。手が届かなかった・・・



前世の娘から見た現代のNさん:

うらやましい、やりたい事もやれているし、

誰かのために生きることを選んで・・・

Nさんから見た娘:不器用な人だった。もっと素敵な人(男性)できたかも・・・


娘:思うけど、でも、絶対に好きになった。この人で良い・・・
  

前世の人生から学ぶことは?

    裏切られても好きでいれると・・・裏切りを許せないことを許す・・・




【自分を守護るしてくれている存在に会う】

 男・・・若い・・・25〜26歳

 彼を見ると安心する・・・ヨーロッパの服・・・(良い服) 血縁者・・・・


守護霊からNさんへ

 よくここまで自分の使命をがんばっている。いつも後ろから直感を与えている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前世療法終了・・・・・・・・・・

そして2週間後に彼女よりmailをいただきました。

Nです、カウンセリングの効果がさっそく表れてきましたよ!

体重計を見る回数もかなり減って前よりも無理なく食事ができるようになってきました(^−^)なんといってもお

腹が空くようになったのが一番嬉しいです♪


※※先生(彼女の知り合い生け花の先生)と、昨日お会いした時に、


一皮剥けて明るく快活になったわねなんて言ってもらえました。


それと、久しぶりに会ったりする人には

「なんだか急に女になったね」って言われるようになりました。




カウンセリングで女性としての自分を認められるようになってきたみたいです


ありがとうございました(*^_^*)また機会があってお会いすることができたら良いですね♪

それでは、おやすみなさい

・・・・・・・・・・・・・・・・・Nさんからのmailおわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かわいい顔文字を含めて送って下さいました。その一カ月後ぐらいに、彼女が他に送ろうとしたmailが

間違いで送られてきました。「すいません!友人の緒方に送るつもりが・・・すいません」

とても私は嬉しかったです。

楽しそうにお友達とやり取りしている様子を知って。



http://www.hypno-camellia.com


前世療法 東京都 渋谷区 東京都 練馬区 ヒプノセラピー camellia
心の悩み解消 心の不安を取り除く 人間関係の悩み 東京都 渋谷区 練馬区 
ヒプノセラピー camellia 潜在意識を変える
催眠療法 前世 生きがいの創造 ブライアンLワイス博士
ヒプノセラピー体験談 前世療法体験談 催眠療法体験談 カウンセリング体験談
| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 00:00 | comments(2) | - | ↑TOP
ヒプノセラピー体験談 東京都 会社員 30代女性 心を開放したい
ご本人より掲載の許可をいただきました。ぜひご紹介したいとおもいます。


予約のない、ぼんやりした1日を過ごしていたところ、

1通のmailが入ってきました。


女性の方です。名前はKさん。

・・・・・・・・・・・・・・mail・・・・・・・・・・・・・・・・・・

傍観者のコントロールドラマがあるとしてきされました。

自分でもいつも何か他人事で物心を開放して、自分のインナーチャイルドとつながりたい、

使命をしりたい、感じて生き、たいと思っています。                 

                       ※原文のまま載せてます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・>


『傍観者のコントロールドラマ』びっくり

【近づき難く感じさせ、周囲の人達との距離を置く 
  批判されるのを恐れ、自分の考えは明らかにしない(傍観者とは)
  そして 
  無関心な態度をとることによって、周りの関心を引き相手を
  自分のペースに巻き込む事を無意識にしているという事らしい・・・】




このような言葉をKさんになげかける人は一体誰かと思いました。


当日にセラピーをご希望だったので、直接電話してからmailでやりとりして

Kさんの仕事帰り、夕方に会う約束をしました。


某企業で働く30代女性です。

笑顔が原田知世さん似の可愛らしい女性です。

まず、mailでいただいた内容についてお話してくれました。




 嵋鬼兌圓離灰鵐肇蹇璽襯疋薀泙ある」と指摘された

 将来結婚を考えていた彼女は自分を変えるべく自己啓発セミナーの

 連続講座に申込をし、指導を受けていたそうですが、

 人と違い大きく感動したり、
 
 講師に対してそれほど心を開かなかった時に、

 その講師から

  「君が話すと場がしらける。周りをみて・・・・・・

   君には傍観者のコントロールドラマがある」



と、皆の前で指摘されたそうです。


Kさん:「私は加害者だと思っていたのでびっくりしました。」



私は内心『そんなセミナーに行かなくてよろしい!!』

と言いたい所をグッと押さえて彼女の行動に任せることにしました。



私:「多分・・・、Kさんが自分のペースに乗ってこなかったので苛立ちを

   感じたのかもしれません。しかし、そういった仕事をしている人が言

   うべき言葉ではないと思います。時々、セラピストを喜ばせるような

   言動や行動をする人がいますが私には必要ありません。そのセミナー

   に参加されてる多くの受講者は大きなリアクションで講師を乗せてい

   る可能性があります。講師の方の為のセミナーではありません。お金

   を出しているのですから、お互いが礼節を持ち、対等な立場で接する

   のですから、講師やセラピストに気を使う必要はないのです。Kさんの

   いいところだと思います。身を守っているのかもしれません。

   悪い勧誘などに乗りにくいと思います。集団催眠にかけられないか
   
   らいいですね。

   自分が同意できないものまでリアクションをとる必要はないと

   思います。
  
  Kさん自身がまともな判断ができるという事ではありませんか?楽しい



▲ぅ鵐福璽船礇ぅ襯匹鯡したい・・・

  Kさんは正直な方で

Kさん:「私は人に心が開けず、不安です。どう見られているか・・・

    友人にも見栄をはったり、大きく見せようという所がある。

    両親についても家は父さん1番、母さん二番、子供はその他で

    寂しさを感じていた・・・姉とは仲が良いが姉は優等生で結婚もし

    て、誰の目から見ても順調な人生を送っている・・・・
  
    平和そうに見えるが姉も人に深入りしないタイプかもしれない」


他にも、甘えたいが、相手に甘えられるのはイヤだ。だから付き合った男性

も離れてしまう。


ご両親については、お父さんは厳しい方で、お母さんもお父さんも

Kさんにだけ手を挙げたそうです。


小学生の頃、母親から「Kは人に感謝なんてしてない!!」と

強く指摘されたことを語ってくれました。



Kさん「私は感謝のない人間なんです」



私:「そんな事どうして思いますか?先ほど会社の事をお話して下さった

   とき、会社にも働いている人にも感謝の言葉が沢山でていましたよ」



Kさん:「あれ?そうでしたか・・・」




厳しい・高圧的


とKさんが感じている両親。



Kさん:「ですが、今思いっきり甘えています。

     手をかけてもらいたいのです。子供時代をやり直すために」



よく、自分が解っているのですね・・と話しながら私たちは笑いました。


そして、年齢退行によって、自分の子供時代を振り返り、

その時の感情を今の大人の自分から感じて、

子供時代に閉じ込めていた感情を大人のKさんが受け止めてみる

ことになりました。




・・・・・・・・・・・・・・・年令退行・・・・・・・・・・・


○○○小学校 今、三年生、左に 雲梯(うんてい)・・・てつぼう、

雲梯で遊そぶ・・・(声が小さくなり、言葉使いが変わる。)



(その後、自分のいた教室に入ってもらいました)


五年生・・右、廊下がわ後ろの席・・・パチパチ・・・そろばんの音

女の先生、メガネかけてて怖そう・・・

(女先生のからKちゃんを観てもらうと、先生は彼女を可愛いと思っていたこ

 とがわかりました)




小学校三年・・・ 水のみ場 何か・・・ さかな屋さんのおばさんが珍し

い魚を持ってきてくれた。小3・・・ ぬるっとしている!! カブトガニ

みたいな硬い・・・茶色・・尻尾・・・何かびっくりした〜・・・・



小学校五年・・・ 外にいる うさぎ小屋・・・飼ってたウサギ 

死んでる・・・すごい世話をした。6月・・・洗ってあげる・・・

同級生の男の子が二人見ている、へんな事を言う

「死んでる、気持ち悪い」と言われてショック


(男の子の中に入り気持ちをたしかめると、

「見た事ない・・・K子さんが洗っているのを見て本当はスゴイなと感じてい

た。気持ち悪いと言ってごめんねと謝った」)




正門から家に帰る。小2・・・誰もいない。お母さんは仕事だから鍵をあけ


て家にはいる・・・ランドセル置いてお水飲む・・・ さびしい・・・

一人遊びに行く・・・




夕方、お母さんが帰ってきた!「ただいま」 嬉しい、

お母さんもっとギュッとしてほしい・・・

お母さんの中に入る「(Kちゃん)もじもじしている。」

やわらかい・・・優しい・・・・

熱を出す・・・お母さんがそばにいてくれて嬉しい、タオル・・・・



お父さん:「どうしていいかわからない」 

お土産 名前のハンコ買ってきた・・・

欲しくない!物は欲しくない、優しくしてほしい。

お父さんに頭を撫でて欲しい・・・
  お父さん好き、笑っている・・・・

お父さん:「守ってあげなきゃ・・・Kちゃんが生まれてよかった」


(お父さん、お母さんに挟まれ小さい自分が見守られている事を思いっきり

 感じるそして、大人のKさんが、小さいKちゃんに対面する)

 小さいKちゃん、一人でいる、じーっと私を見ている・・・

 不安だった・・・抱きしめてあげたい・・・・安心する・・・


小さいKちゃん:「あったかい・・・悲しかった
                いっぱいがんばって・・・ うれしい」



     年齢退行後、事後カウンセリングをして終了とした。21:10PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



その数週間後、mailをいただきました。


緒方様

お世話になっております

先日はありがとうございました。

Kです。ちょうど2週間たってその後についてご連絡させていただこうと思い

ます。何かが大きく変わった、という感じではないのですが


「自分がしたいと思うことだけをしよう。自分を大切にしよう」


とより強く思うようになりました。


その中で、お話させていただいた心理学の先生のご指導をやめる決断が出来

ました。
今までのご指導は私に必要な物だったけれど、もう今の自分には必

要ない。と手放す勇気がもてました。


それまでは「ご指導をやめたら結婚できないのでは。1人でどうしよう」とい

う不安があったのですが、

自分に自信が持てたようでその決断にいたることができたのだと思います。

どうもありがとうございました。

これからも「自分がしたいかどうか」


を基準に行動やモノを選択していこうと思っています。



自分を肯定でき、自分のインナーチャイルドを大事にして生活できていま

す。怒ったり、むかついたりすることもそのまま受け入れています。そんな

自分も自分ですものね。

                    ※原文のまま載せています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さい時の自分に自分から向き合って、皆がKさんのような決断や考え方ができるかはわかりません。ただ、自分が愛されている事を知って安心できると
心の揺るぎはそれほど起こらないのではないかと私に教えて下さった内容でした。

ありがとうございました。


催眠療法体験談 東京都 渋谷区 練馬区
ヒプノセラピー体験談 東京都 渋谷区 練馬区
前世療法体験談東京都 渋谷区 練馬区

| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 06:02 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
ヒプノセラピー体験談 東京都 既婚30代女性  ソウルメイト  
ご予約をいただいたお客様より、体験談として公開して良いと

快諾をいただきました。

素敵な体験でしたので皆様にも是非ご紹介したいとおもいました。



ご予約時にいただいたメールです。

この女性のエネルギーを大事にしたいと思い、

名前や日付以外はそのまま掲載しています。




・・・・・・・・いただいたメールです・・・・・・・・・・

はじめまして。

もしかしたら目的から外れるかもしれないのですが、

前世療法やソウルメイトに興味があり、人との縁というのをよく考えたりします。

私は、現在、□歳の娘の母です。平日は正社員で働いています。

うまく書けませんが、人に甘えることが苦手で夫にも気を遣って

接する自分がいます。


嫌いではないのですが一番の味方であって欲しい夫が

そう思えないことがあること。



また、夫以外の男性と出会ってしまったこと。


お互いに家庭があります。とても惹かれているように思ってるのですが、

この出会いには何か意味があるのか。


また、色んなことに興味がありすぎて、色々やりたがりなのですが、

あまり極められていないことを前世からのつながりがあるのかと思い、

予約をさせて頂きたいです。

※原文のまま載せています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メールから予約日の二週間後ヒプノセラピーをするために

来店してくださいました。

とても、普通の清潔感のある女性です。

相談内容に沿って話を進めてゆきました。

,桓膺佑高圧的で、言葉で突き放されるそうで
「おまえは母親失格」「バカか?」

と言われる度に泣いている。

彼女が甘えられないのを分かっていて接してくる。

大事な話をしても否定されるのでイヤ


⊆分自身も転職が多く、趣味も様々あったが極められない・・・


9イな人Aさんがいる事で自分の逃げ道の確保にしている



などなど、彼女なりの苦悩が見えてきましたが、決して人を責めることはあ

りませんでした。ただ、心の寂しさを素直にお話ししてくれました。





〜〜〜そして、年齢退行の後、前世への旅がはじまりました。〜〜〜


古い・・・硬い・・道  古そう・・・ヨーロッパ・・・?

薄いピンクのドレス・・・長い 足は太いがつるつるしている・・・ 長袖

黒いアップにして・・・(髪型)  茶色、目、大きい。口も大きい。

女・・・20代・・・

キャッシー?(名前)



大きいレンガみたいな高い、茶色っぽい  他にも家がある・・・

住宅がいっぱい


家の中 明るい・・暖炉? 小さい窓 ダイニング


左手前に自分がいる。向いに姉さん、水色の・・服 年近い(現在の母親)

 
斜め向かいお母さん、細い人 茶色いドレス(現在の夫)



お姉さんは優しい、好き、母さん笑ってる・・母さん好き ずっといたい、

嬉しい。


お姉さん→キャッシー:かわいい


お母さん→キャッシー:器量のいい娘になって欲しい   (涙)




28歳

 外、石畳っぽい・・・白いエプロンドレス 待っている 
 待ち合わせ・・・

 来た!! 背が大きい 茶色の・・・ 好き 優しい・・・ 
 彼29歳(現在のAさん)


彼→キャッシー:明るい、かわいい、やすらぐ





30歳

建物の・・・家  広場 教会の中・・・ 嬉しいけど寂しいような・・・

彼と二人きり・・・お母さんが彼を良く思ってない

結婚式っぽいが人がいない・・・

お母さん:結婚に反対 身分が違う 私側の身分・・・ かわいい(娘が)



38歳

寝ている・・・朝・・・部屋  赤ちゃん 女の子 娘?

木の床 何もない 寝ている 私の左側に・・・



48歳?

子供と遊んでいる 外 緑・・・ 楽しい 明るくて面白い 
 父さんは好き!(女の子と男の子)



60歳

老ける・・・部屋にいる 夫はキッチン ご飯をつくっている・・・



75歳

部屋にいる、座っている 白髪っぽい・・・寂しい・・・ 

夫が死んだから・・・最近亡くなった・・・


80歳

寝てる・・・老衰・・・死ぬ 一人 横に娘が・・・ 楽しかった・・・




体から魂が離れて・・・

軽い!2メートル下 安らか・・・(自分が見える)娘もやすらか・・・

着いた(魂のゆくべき場所へ)

真っ白、軽い・・・


キャッシーから見た現在の○○さん:幸せかな?と思う    


○○さんから見たキャッシー:天真爛漫・明るくってうらやましい

彼女の素直そうな所、両親との関係を引き継いで、

あまのじゃくな今の感情を手放したい・・・




自分を守護しているものとの対面

光・・・白い・・・近い・・・

「迷いは自信のなさ、周りが助けてくれる」



・・・・・・ヒプノセラピー終了・・・・・・・・・・・・・


後日、彼女からメールをいただきました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

緒方さま

こんにちは。

※月△日)に伺いました○○です。

冷静に振り返ることができるようになった今もとっても

神秘的な不思議な体験だったと、

思い切って伺って良かったと思っております。

また色々お話を聞いて頂きありがとうございました。

前世で夫が優しい母親だったことがかなり衝撃でした。

でも、自分が呼び寄せた縁で一緒にいることが分かって

少しほっとしました。



(年令退行の話↓)

そして、母が私に影響を与えていたことも驚きでしたが、改めて考えてみる

と忘れていたけれど、怖い母というイメージが小さい頃はありました。


(カウンセリング時↓)

人間関係の三角形の図。とても解りやすく説明をして頂いて、

ラクになりました。



その後、どうしても許せない事があり、(ご主人に対して)後先考えずに

キレてみました。

いつもなら、自分の中でため込んでしまう言葉を全部、夫に出してみまし

た。


多分、意識的に。。。



長期戦のケンカか、拒否されることを想像していましたけど、


意外なことに謝ってきました。驚きました。



その時に、色々、話をしてみました。

聞く耳があったようで、そんなこと思ってるとは微塵も思っていなかったよ

うで驚いていました。

心に浮かんだわだかまりは口に出さないと分からないものなのですね。



性格は変わることはないと思いますが、少しずつ、

昔のように夫とも向き合えるかなとおぼろげに思い始めました。




実は、当日。私、友達の友達にセラピストがいて、見てもらえるんだと言っ

て夫に娘を預けて

伺いました。夫に少し、差しさわりのないところを話をすると、夫はこうい

うこと真っ向から否定派なので案の定、全否定でした。



彼にも話をしたんです。(Aさん)



チラッと前世療法と年齢退行を受けてきたんだとメールで話をしてました。


とても興味津津で、詳しく話を聞きたいと・・・


そのあと、会った時に持ってきた1冊の本。催眠術の本だったのですが、彼

はかけたい側に興味があって


独学で少し勉強をしていたことがあったようです。その本を持ってきてくれ

て今借りて読んでいます。


この経験を、自分の中だけに大切にしまっておきたいと思っています。。


話すことで人の意見がのっかったり、反対の意見を聞くのがイヤだったか

ら。


それでも、聞きたいと言うので彼に話をしてみました。


彼は、話してくれてありがとうと受け止めてくれました。

前世では生涯の伴侶だったことも。

今は、無条件に自分のことを丸々受け入れてくれる心地の良い場所。

手放したくないけれど、いつかは手放さなければいけない場所だと会う度に

心地良さを感じるたびに思います。


ひとつ、伺い忘れたのですが、、、夫はソウルメイトではないですよね?

ソウルメイトだというのは分かるものなのですか?




もうひとつ、心に浮かんだのは、年齢退行の時に見えた、

教室で本を読む自分の姿。



読書が好きな子供で、よく本を読んでいたのを思い出しました。


そして、本を書くとかそういうことに興味があり、昔はちょこちょこ書いて

いたのも思い出しました。


何かあるのでは・・・と勝手に解釈をし、久しぶりに本を読むようになりま

した。


何か書けたらなんてことも考えています。



とても不思議ですが、自分にちゃんと向き合っている感じがしています。



先日、娘を私の母と3人でギュウとハグをしました。急に娘の提案でした。


母も私も気恥ずかしかったですけど、温かかったです。



娘に依存することなく、夫に依存することなく、自分に向き合える自分でい


られるようになんとなく良いイメージがおぼろげですが、

見えるような気がしています。


このタイミングで伺ったこと、やっぱり自分の中で節目の時のような気がし

ています。


良い方向へ迎えるように頑張ります。


また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

ありがとうございました。

だんだん、春が近づいてきました。お体ご自愛してお過ごしください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・返信・・・・・・・・・・・・・・・

緒方→○○様


さて、『主人はソウルメイトではないですよね?』というご質問ですが、

    ソウルメイトを○○さんがどう捉えているのかが大きい所です。

   

   .愁Ε襯瓮ぅ函〆欧慮Δあいで集まる仲間(老若男女)

   ▲愁Ε襯瓮ぅ函^枩の存在で、自分にぴったりくる魂



ご主人は,箸靴董■舛気鵝△△襪い鰐爾気鵑廊△塙佑┐襪海箸發任ます。



私は

「良くも悪くもソウルメイト」という言葉が自分で出てきます。

自分にとって不都合な相手でも、自分に都合のよい相手でも

ソウルメイトであるという意味です。


『主人はソウルメイトではないですよね?』

           と、

ぁ崋膺佑魯愁Ε襯瓮ぅ箸任靴腓Δ?」


似た文面ですが、は、そうであって(◆砲曚靴ない意味


い蓮◆吻△箸皚,箸癲砲箸譴詈弧未任后


ということは、○○さんの中でもう決まっているのは、

ご主人は△任呂覆、,良類の仲間ということになりそうですね。




今回

☆ご主人にキレてはっきり意見をしてみた。

☆ソウル△裡舛気鵑房分の体験をはなして受け止めてもらえた。

☆本を読む、あるいは書いてみることもしてみたくなった。
(それはスゴイ事です。)


☆娘さんとお母さんとのハグ

☆自分と向き合える



これは、○○さんが自分の力で行った事なんですよ。

○○さんスゴイ。これからきっとどんどん発展してゆきそうですね。

Aさんとも時がくるまで楽しんでいいと思いますよ。

来て下さって本当にありがとうございました。   緒方妙子




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


緒方様

返信をいただきましてありがとうございます。

体験談、問題ありません。

このことは他には誰にも話をしていないので、

そのまま載せていただいて構わないです。



ソウルメイト。

種類があるのですね。

自分にぴったりくる魂、娘、彼、はありのままの自分でいてもお互いに

ぴったりくる何かがあるような気がします。


自分では無意識にしていることや、考えていることが

偶然に相手の共通点である、ということがよくあるのです。


逆に主人との研き合いもわかるような気がします。

きっとお互いに、良くも悪くも、この人がいることによって

自分が成長していくのに必要な人だったのだろうし、

娘と出会うために必要な人だったのだろうし。


きっと、気づかない人は、得ることのできない経験だと思います。


この歳になって、自分が変わるとか意識的に行動するとか、

思春期の時のように自分について考えたりすると思いませんでしたが、、、

ステキな経験でした。

まだまだ、意識し始めたばかりですが、自分が向上・発展してゆけるよう

頑張ります。


お忙しいところ、お返事いただきましてありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※原文のまま載せています。 

公開して下さりありがとうございました。




催眠療法 ヒプノセラピー camellia

http://www.hypno-camellia.com

東京都 ヒプノセラピー 体験談 渋谷区 練馬区 
東京都 催眠療法 体験談 渋谷区 練馬区
東京都 心の悩み 解消 解決 渋谷区 練馬区
東京都 催眠療法 体験談 渋谷区 練馬区
東京都 ブライアン・L・ワイス 博士 渋谷区 練馬区




| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 19:28 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
前世療法 体験談 自分でインナーチャイルドを癒す 練馬区
先日、来店して下さったお客様よりメールをいただきました。とても素敵な

内容でしたのでご連絡しましたら、掲載をOKしてくださいました。

彼女はこちらで受けたのは前世療法でした。

(前回の前世療法体験談はこちらをクリック)
※2009年に受けた 38歳女性の方です。


今日、こちらにご紹介するのは、彼女自身が家で体験した

インナーチャイルドとの対面です。



彼女は、家で瞑想中に自分の小さい頃が浮かんだそうです。

それからは心が落ち着いてきて、会社や日常生活の様々厄介な事柄と思っていたことが気にならなくなたと教えて下さいました。


自分でインナーチャイルドを癒すことができたのです。


家で、自分でできるって素晴らしいと思いませんか?


小さい頃、思いっきり泣いたりワガママをいったり、笑ったり、甘えたり、

楽しんだり、淋しさを訴えるなど、子供を生きることが

できれば、本当の意味での大人になれるのだな・・・

そんな事を教えて下さった体験談です。



・・・・・・・・・・・・ここからメールです・・・・・・・・・



緒方様

アンジェニウスです。先日お伝えした内容ですが、携帯からだったため

詳しく打てませんでした。

詳細は以下の通りです。宜しくお願いいたします。



私はいつも寝る前にヒーリング音楽をヘッドフォンで静かに聴いています。


住みたいマンションの部屋や、将来なりたい自分をイメージしてウトウト

し、椅子に座ってそのまましばらくうたた寝してしまうこともあります。

それでつい先日も聴いていた所、幼稚園に入る前の小さい私が

ぬいぐるみをギュッと抱きしめた姿で何気なく現れました。


(以下「なっちゃん」と呼びます)


可愛いな・・・と眺めていると、幼少期(特に小学校)での辛かった

思い出がいくつか出てきて、音楽を聴きながら悲しくなりました。


そしてなっちゃんは声をあげてワンワン泣いていました。



ヘッドフォンをつけている大人の私も一緒に涙してしまい、

最終的にはなっちゃんを気の済むまで泣かせ、笑顔を取り戻す事が出来まし

た。


彼女は充電してパンパンになったみたいに元気になりましたが、スヤスヤと


気持ち良さそうに眠るのも見えました。


その夜は「変なことやっちゃったな〜。まともに瞑想できなかったよ、

全く(ーー;)」と思いつつ眠りました。


そして翌日、不思議な感覚が起こっていました。


昨夜出てきた嫌な思い出は振り返っても全然辛くないし、
いつも頭をもたげている会社の嫌われ者

の事も、どうでもよくなっていました




更に、日中よくある雑念が全くと言っていいほど無く、仕事をしながら

楽しいことだけに集中して過ごせ、とてもいい気分だったんです。


加えて、得意なパソコン作業でキーを叩いていると、胸の辺りから

「これってなんか違う!これはずっとやる事じゃない!」という気持ちが

湧いてきました。


こんな事ってあるのでしょうか?



また、周りと一緒に愚痴を言いあったり人に対する不満を言う気がせず、

ニュースを見たり週刊誌を読んだりしたくなくなりました。

情報として知っておきたくても、見たり読んだりすると胸の辺りが

ムカムカする事が頻繁に起こるようになりました。

よく見ていたエンタメ情報も「人の事は

どうでもいいや」
程度にしか

思えなくなり、興味がなくなってきました。



こんな状況で不思議ではあるのですが気分はとてもいいので、暇があると

通勤ラッシュの電車の中だろうと仕事でパソコンを叩いている時だろうと、

なっちゃんがすぐ傍にいる所をイメージし話しかけるようになりました。

笑ってしまったのが、朝の通勤電車で吊革につかまりながら、目を閉じ

なっちゃんをイメージした時でした。



猫の着ぐるみ(←耳とシッポもちゃんと付いてます)を着せて抱っこし、

「可愛い〜!」と頬ずりしている所をイメージしたんです。


ふっくらしたお餅のようなホッペ、プクプクした手足やお尻の感覚、

抱き上げた時の重みまで電車の中でリアルにイメージできました。

目を閉じていつつ口元はニヤニヤ。

窓に映る私を見て隣の人はどう思っていたんでしょうか。(~_~;)



ですが会社についてちょっとすると、

また元の雑念でイライラし始めました。


あんなに気分が良かったのになぜ?と奇妙でした。



私が嫌いな社員は誰もが嫌っている相手なのですが、顔が視界に入ったり

声が聞こえるだけでもうムカムカ。

「今度何か言われたら皆の前で強く言い返してやる!」とか、

そんな事ばかり頭に浮かび、ガムを噛んだりお菓子を食べてみたりと気分転

換を試してもなかなか抜けられず、困ってしまいました。


「あんな嫌われ者のために時間を費やすなんて、なんて勿体ない!

絶対ダメ、そんな事!」


と自分に言い聞かせるのですが、離れようとすればするほど深みにハマって

行ってしまいました。



追い詰められた私は、咄嗟になっちゃんを思い浮かべました。


パソコンを叩きながらだったので目を閉じれませんでしたが、なんとなく

浮かんだイメージのなっちゃんは、

相変わらずぬいぐるみをギュッと抱きしめ、

体が硬直したような感じで立ってこちらを見ていました。

「あんなの気にしちゃダメよ!」と言いたい所でしたが、なんだか彼女を

叱るような気がしたので言い方を変えて伝えてみました。

「あのね、なっちゃん。一緒にいて気分が悪くなるような人の事は、

気にする事ないんだよ。なっちゃんはいつも楽しいことだけ考えていればい

いの。なっちゃんにはいつも笑ってて欲しいなぁ。」


こうした言葉を何度か伝えました。これが午前中の事です。



お昼を挟んで午後は、いきなりというわけではありませんが、

1〜2時間ほど経つとまたあの「いい気分」にずっと浸れ快適でした。



以来、何日たっても雑念がありません。

こんなにいい気分が味わえるなんて、なんでもっともっと若い内から出来な

かったんだろうと後悔しきりです。




その後はというと、私は以前緒方さんのヒプノを受け体験談を載せて頂きま

した。

私はこの年(今年で40です)で歌手になりたいという到底無理な夢がある

のですが、暇があるとなっちゃんをイメージし、お話しています。


彼女は歌が大好きで、お馬さんも大好きです。


馬というと、実は6年前ほど前から乗馬を習っています。

ここしばらくは金銭的な問題で通えず、月会費だけ取られる日々なのです

が・・・。




「なっちゃん、お歌好き?」と聞くと満面の笑みでコックリ頷きます。


私が歌手になりたいのはここから来てるのかな〜?と思いつつ、

「なっちゃんはね、将来ステキな歌手になるんだよ。皆が“なっちゃん、

なっちゃん!”て慕ってくれる。“なっちゃんの歌大好き!なっちゃん歌っ

て!って、皆がなっちゃんのファンになってくれるの。

なっちゃんのお歌はすごいんだ。

聴く人皆がウワ〜っ(・o・)てびっくりするの。」


と、伝えています。


浮かぶなっちゃんはプクプクのホッペを膨らませ、

ニコニコしてご機嫌です。


馬の事も「なっちゃん、お馬さんに乗りたい?」で、

これまた満面の笑みでコックリ。


「これからたくさんお馬さんに乗りますよ。お馬さんたちが“なっちゃん、

僕達に乗って!”って、楽しみに待ってるの。お馬さんのお友達がたくさん

出来るよ。

それでね、なっちゃんはお馬さんに乗るのがとっても上手になるの。」


浮かぶなっちゃんがニコニコだと、言っているこちらまで

ウキウキ・ワクワクになります。妄想も少なからず入っているんだろうな、

と懐疑的でもありますが、とってもいい気分なのは確かです。



また、これは思いつきなのですが、時々彼女の様子を見てあげたり遊んであ

げてもいいのかな、と思いました。

こうしてメールを打っている間も、胸の辺りがとてもワクワクしていていい

気分です。

いい気分の他に起こった変化はまだあって、周りの人達が気にならなくなり

ました。



髪を赤や金髪に染めている若者や、だらしない服装の人、うるさい子供達な

ど、以前ならそんな人達が傍に来たらサッサと別の場所へ移るようにしてい

ましたが、今はかなり平気です。


見た目が珍しい人が近くにいると「な〜

に、アレ?」とばかりにマジマジ見ていたのですが、「彼らは彼らでいいん

だ」とすんなり思えるるようになりました。



苦手だった子供の集団も(←塾帰りの子供達は特に苦手でした)、見てくれ

は小さいのになぜか単なるガキに見えなくなったというか、私と同じような

同等の立場に見えるようになりました。

また、余計なお喋りをしたがらなくなりました。


いつもの私は明るくよく喋るタイプですが、なぜか

「余計な雑談はするまい」的な気持ちになってしまいました。

普段のように。人を笑わせようとも大して思わなくなりました。



何か言っても「あ、今の発言は本当の自分じゃない!」と感じる事も

しばしばで、言動に気をつけようと思うようになりつつあります。


本当の私は寡黙なタイプなのかも知れません。


それからは、時々瞑想してなっちゃんと遊んだり、プラスになる言葉をたく

さん伝えています。

以上です。


これらの内容が私の妄想でないことを願いたいですが、こればかりは個人の

中で起こることなので、何とも言えません。


ですが、どうせなら私の体験談を読まれる方が一緒にワクワクしてくれたら

いいな、と思います。


ありがとうございました。


////////////ここまでがメールす///////// 

※原文のまま載せています。



アンジェニウスさんは、とても用心深い人ですので

ご自身の体験にも 「妄想」かもという言葉をお使いになっています。

私はそれで自分が気持ちよく毎日を過ごすことができれば

とても良いことだと思います。 こういった手法は私は年令退行療法の

時に使いますが、アンジェニウスさんはご自分で体験されました。

素晴らしいなと改めて感じました。


http://www.hypno-camellia.com 催眠療法  Camellia 緒方妙子


にらのはな


催眠療法 東京都 渋谷区 練馬区
ヒプノセラピー 東京都 渋谷区 練馬区
前世療法 東京都 渋谷区 練馬区
ブライアン・L・ワイス博士 東京都 渋谷区 練馬区
ヒプノセラピー体験談 東京都 渋谷区 練馬区









| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 10:58 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑TOP