S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
<< 大人の夏休み | main | 一人 横浜 >>
前世療法 体験談 練馬区 38歳 女性
2009年8月 Camellia にお越しいただいたお客様が
体験談を寄せてくださいました。

とても礼儀正しく、さっぱりとした方でした。

何年も前に何度か前世療法を受けたとの事でしたが、見ることができず

当社に申し込んでくださいました。「自分は入りにくいのではないか?」

と、心配していましたが、 とても入りやすい方でした。


最初、メールでお申し込みいただいた時とまったく違う内容になって

カウンセリングがはじまりました。

前世に入り、肉体の終わり、自分を守護するものとの対面、もう一つの前世
今の自分との比較をしながら今の人生を別の角度から見てゆきました。


・↓・↓・とても素敵な彼女からの(カッコイイ)体験談です。↓・↓・・



私は子供の頃から、カッコよくて強い男性に憧れていました。
憧れの対象は、女性ではなくなぜか男性でした。
言葉遣いも男っぽく、自分の事を「俺」と言っていた事もありました。
また、制服やフォーマル用以外はスカートを持たず、今に至ります。

女なのに「カッコよく強い男性」に憧れていて、今でも時々そんな風に
振る舞う事があります。

緒方さんを頼ったのは、精神的におかしいんじゃないかと不安だったからです。
セッションも私の一人住まいも、同じ練馬でした。しかも徒歩で通え、
縁的なものを感じました。

誰にでも女性的・男性的な面の両方があります。
でも私の場合、性同一性障害か何かではないかと焦り、
「女性性と男性性のバランスをうまく保てるようになりたいと」と伝えました。

これがまず1点目です。

2点目。

緒方さんに会う2ヶ月程前から、毎朝会社で仕事を始まる度「何か変だぞ…」と違和感が浮上してきていました。

今の仕事には今年4月から就きました。その前の職場は、上司から女・女・女で大奥のようでした。

頭にくると叫ぶ・物を投げる・仕事の奪い合いや陰口の言い合いが横行していました。

そんな劣悪な環境に、歯を食いしばって4年いましたが、耐え切れず、
2月末で思い切り辞めました。

そして3月はずっと職探しで、7社も派遣会社に登録をしました。
現在の仕事は、7社目でやっと辿り着いたものです。

7社目まで仕事をもらえなかったのには、心底参りました。

でも今にして思えばですが、今の職場に至るには、目に見えない力が働いていたようなのです。

数年前、父が前立腺ガンを患いました。芝の増上寺近くの病院へ、何度か付き添いで行っていましたが、時間があれば父と増上寺にお参りに行っていました。

以来、私は増上寺が大好きになり、友達を誘ってまでお参りに行くようになりました。

友達数人も、今や増上寺がお気に入りです。

そして今の職場は、なんと増上寺の目の前なのです。


7社目にして採用枠たった1名の募集でしたが、
「大門駅前3分。増上寺目の前の職場です」という募集内容にピン!と来てすぐ応募し、幸運にも採用されました。

まるで増上寺の神様に呼ばれているようだ、と緒方さんに話すと

「ひどい環境で真面目に4年も働いていたのを、神様はちゃんと
見てたんでしょうね。」と言われ嬉しくなりました。

(増上寺とここまで縁があるなんて不思議〜!と、盛り上がりましたね。)

ちなみに、お昼はいつも早目に食事を切り上げ、増上寺にお参りに
行っています。

さて、神様に呼ばれて入った今の職場は、仕事も対人関係も夢のようにとても良く、これを手放したら、2度とこんな恵まれた職場はない、と思いたくなるような環境です。

採用が決まった時は「派遣でも何でもいいから、定年までしがみついてやるぅ〜!」と、働ける有り難みを噛みしめ、意気込んでいました。

それなのに、です。

まだ数カ月しか経っていないのに、この不景気に仕事が出来るのは有り難いはずなのになぜ違和感が芽生えたのでしょうか。

「今の仕事が不満な訳じゃない。でも、このまま定年まで仕事して、
普通に年を取って死んで行っていいのだろうか?」と、あらぬ考えがよぎりました。

毎昼毎昼、増上寺の神様に胸の内を報告しました。

そしてある日、会社でパソコンを叩いていると突然、

「私、歌手になりたいんだ!」と閃きました。


私は今年38です。見た目はどちらかというと少年顔で、20代によく間違われますが、世間的にはもう

「オバサン」「何をやってもすぐ身体にガタが来て、限界がある」
という枠にはめられる年令です。

それなのに今更、どこをどう間違ったら、歌手になりたい等と思い付くのでしょうか。

確かに過去、学生時代にバンドをやっていて、歌で身を立てたいと思った事はありました。

ですが結局、普通の社会人を選んできました。それに対しての後悔は、今でも本当にありません。

ずっと社会人生活をしている内、無意識にストレスが溜まっていたので
しょうか?

10年以上も社会人生活をやってきて?きっと違う、
他の何かが理由なのでしょう。

さて、歌手になりたいと仕事中に閃きがあった後、次に思い付いたのが
『歌のレッスンに通う』でした。

気持ちは「早く早く!さあ始めよう!(^0^)/」でした。
それで思いきって、体験レッスンを前提に、あるボーカルスクールに行きました。

私の年令でプロ志望になりたいなんて言ったら、講師は何て言うだろう?

きっと

「目を覚ました方がいいですよ。皆、もっと若いうちから
 やってるんだから」

とか、言うに決まってる…。 こう考えつつ、何を言われてもいい覚悟で
行きました。

講師は私よりはるかに若い男性でしたが、どこかで会ったような、
仲のいい友達だったような気がする人でした。そして、思い切って打ち明けました。

「年令は全く関係ありませんよ。60代で演歌歌手になった人もいるし、
若い内から始めても、全く芽の出ない人は世の中たくさいます。
せっかく人気が出ても、アッと言う間に消えてしまったり、ね。
その人のもつオーラ的なものや、運というのも関係しているから、
若い内から音楽を始めていればいい、という訳では一切ありません。
40代・50代でも、プロになりたい人はかなりいますから、全然おかしくないです。でもいいですか、競争相手は星の数ほどいますよ。」



即答でこんな事を言われ、意外でした。でも私の頭の中では、

「38にもなって…」と
自分を許せない部分があるのです。

(結局すぐその場で入会し、以来ずっと彼に教わっています。)


緒方さんからも同じ事を即座に言われました。

年令は全然関係ない事・逆に、ある程度年令が行ってても、見た目が若ければ、注目されると思う事・ルックスがカッコイイ方だから、素顔でも十分やっていけると思う事。

さすがに、最後のにはドキッとしました(汗)。お世辞でも嬉しかったです。

さて、こうした経緯から、前世回帰をやってもらいました。

全然見えなかったらどうしよう、という不安とは裏腹に、

スラスラと浮かんできました。


最初に見えたのは、838年という数字と共に、アイルランドの戦士の姿が見えました。

名前はアンジェニウスと聞こえました。

180センチ以上はある長身で色黒・筋肉隆々とした身体・胸の下まで伸びた髪を振り乱し、顔は彫りが深く格好よかったです。

見ているこっちが、カッコ良さに見とれてしまいました。
私が男らしさに憧れるのは、この時の影響が少なからずあるかも知れません。

この時、家庭を持っていましたが、戦いに行くのが生き甲斐で、城の護衛のリーダー的立場でもありました。

戦いには先頭を切って、猛々しい声をあげながら突撃していました。

男でよかった」「自立心・独立心はあって当たり前」

「戦ってこその自由」


という言葉が、次々出てきました。

死に際はものすごい高熱で、看取る人もいませんでした。
家族がいたのに誰も傍におらず、それでも「最後の最後まで男でありたい」と、孤独を受け入れ亡くなりました。

次に見えた前世は女性で、美しいブロンドの西洋人でした。

真紅の口紅をし、鮮やかな緑色のフワッとしたドレスを着ていました。
名前は浮かびませんでしたが、1800年代でした。

彼女がドレスで、何やら明るい所へ歩いて行きました。

(アレッ、どこ行くの?)

見るとそこは、スポットライトが照り付けるステージでした。
劇場のような広い客席に、観客が大勢いました。シルクハットを被った紳士が、見えた気がします。

彼女はマイクなしで何やら歌い始めました。見ていたこちらが唖然。
彼女、というより過去の「私」はオペラ歌手だったんです。

(何て柔らかい声なんだろう…)

マイク無しで歌う位ですから、声量がかなりありました。
でも、それより何より、声楽独特のキンキンした高音でなかった事に、気を取られてしまいました。
高音なのに、優しく包み込むような声…。今の人生では出せないでしょう。

緒方さんから、「歌手になりたいと思ったのは、前世で歌手として成功しているから。魂がまたやれると思っているんですよ」というのに、
なんだか納得!

また「前世で出来た事は、既に経験済みだから、今生でもやれるはず。
大丈夫、アンジェニウスの強さは今でもありますよ」と言われ、とても心強くなりました。

セッションが終わり、「今、何時頃だと思います?」と言われ、8時半頃だと答えました。
時間を見てまたもや唖然。5時から始まったセッションは、9時40分までかかっていました。
帰りはヘトヘトで、徒歩で通える距離でラッキーでした。

その後、何故だかとても「少年顔もいいけど、目元をモテる感じで男っぽく
整形したいな」と思ってしまいました。歌手として、いつか人前に出る事も考えての事です。

以前の私なら「親からもらった身体を、勝手に変えるなんて何て事だ」と言っていたでしょう。

でも今は違うんです。女性として生まれた身体に、アンジェニウスの人生から受け継いだ、男らしさ・たくましさを、エッセンスとして入れたいんです。

勿論、歌も頑張ります。今生はオペラ歌手ではなく、ハードロックなんですけど(笑)。

なぜか、長髪のお兄ちゃん達とバンドを組みたいと思っているのですが、
アンジェニウスの身体だった時、髪をかなり伸ばしていて、それを

「当時の自分」がカッコイイと思っていたからのようです。

アンジェニウスの時は、もしかしたら、ちょっとナルシスト
だったかも知れません。

そして更に、増上寺のそばにいつか引越したいな〜、と新たな夢も膨らんでいます。

東京タワーが増上寺のすぐそばなので、夜景が見れる部屋だったら、最高でしょう。

長くなりました。

緒方さんには、大変お世話になりました。

また「自分探し」をしたくなると思いますので、その時はまたよろしくお願いします。

ありがとうございました。




☆☆☆ その後、9・9にMAILをいただきました☆☆☆

>お蔭様で、「男っぽさを出したい時は出していいんだ」と
>思えるようになってから、気持ちがうんと楽になりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


※ 原文のまま載せています。ありがとうございました。

前世療法  東京都 練馬区 渋谷区 Camellia
年齢退行  東京都 練馬区 渋谷区 Camellia
催眠療法  東京都 練馬区 渋谷区 Camellia
ヒプノセラピー 東京都 練馬区 渋谷区 Camellia
| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 20:11 | comments(8) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
ありがとうございます。

そう言って頂けると有難いです。

いい意味で、これまでの「枠」にとらわれがちだった
考えを、崩して行こうと思います。
| アンジェニウス→緒方さん | 2009/09/08 2:08 PM |

☆ジュディさんへ そうですよ。「孫よ」を歌った大泉逸郎さんでしたっけ?さくらんぼ畑のじいじが、売れっ子演歌歌手ですからね。 歳は関係ないですね。自作のCDはいいかもしれません。自分の声が一番心地よいそうです。カラオケボックスでCD作れますものね。

☆アンジェニウスさんへ
 アンジェニウスさんの体験談が多くの方の励みに
 なっています。魔法のように全てが一瞬で変わることはないけれど、自分を確認するっていいかもしれませんね。たしかに、年齢や世間体に・・・とありましたが、アンジェニウスさんは外見のイメージと違って学級委員長か、PTA役員のように、常識的ですものね。
私はそれも大きな魅力だと思いますよ。
| 緒方→ ジュディさん・アンジェニウスさn | 2009/09/07 1:57 PM |

25年前はジュディオングさんへ

こちらこそ、嬉しくなるコメントありがとうございました。

CD作りましょう!(^O^)

何かと年齢という枠組みにとらわれる世の中ですが、
何度も転生を繰り返しているのを振り返れば、
何でもやれるような気がします。

年齢や世間体にとらわれてがちなのが、今の私の思い癖です。
(いけませんね)

悔いのない様、焦らず頑張ろうと思います。

ありがとうございました。<m(__)m>






| アンジェニウス→25年前はジュディオングさん | 2009/09/07 1:47 PM |

素敵な前世ですね〜!
私も中学生の時に歌手というか?アイドルになりたかったのです…
その後カラオケ大好きな青春を送り!
中高年になった今でもオリジナルCDを作成したい
と思っているのです(笑)
私は前世を見た事がないのですが
本当に見てみたくなりました!
素敵な体験談に感謝いたします!
(^−^)◎
| 25年前はジュディオング | 2009/09/07 11:57 AM |

緒方さん

「アンジェニウス」です。

大変お世話になりました。

前世回帰の魅力は、何度でも人生を体験・やり直しが出来る、という事に気づける点だと思いました。

インフルエンザが流行っていますので、くれぐれもご自愛下さい。
| アンジェニウス | 2009/09/03 3:53 PM |

よっしーさんへ

コメントありがとうございました。
「今生は歌手になりたい」アンジェニウスです。m(__)m

ここまで体験談が書けるとは思いませんでした。
前世って奥が深いですね。

| アンジェニウス | 2009/09/03 3:00 PM |

☆よっしー さんへ

 不思議ですね。前世を見て納得したり
 確認するこどで、何かが変わる・・・

 私も、オランダで通いのお手伝いさんの前世が
 あって、夢とか希望もなく、ただ働いていました。
 「洗濯用の水路がある」
 (なんて地味〜な前世〜)
 今のように自由に仕事を選んだり
 住む場所も自由なんて夢みたいなんです。
 昔の不自由さを見て今の幸せをかみしめました。

 
| 緒方→よっしーさん | 2009/09/03 1:54 PM |

体験談を読ませていただきました。

ヒプノセラピーの素晴らしいところは、過去の自分を具体的に確認・再体験できるところですね。

僕ももう一度受けて見たくなりました。
| よっしー | 2009/09/03 1:53 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hypno-camellia.com/trackback/1253602
トラックバック