S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
<< 私を狂わせた アマノ君  | main | 僕はできる   >>
ヒプノセラピー体験談 東京都 会社員 30代女性 心を開放したい
ご本人より掲載の許可をいただきました。ぜひご紹介したいとおもいます。


予約のない、ぼんやりした1日を過ごしていたところ、

1通のmailが入ってきました。


女性の方です。名前はKさん。

・・・・・・・・・・・・・・mail・・・・・・・・・・・・・・・・・・

傍観者のコントロールドラマがあるとしてきされました。

自分でもいつも何か他人事で物心を開放して、自分のインナーチャイルドとつながりたい、

使命をしりたい、感じて生き、たいと思っています。                 

                       ※原文のまま載せてます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・>


『傍観者のコントロールドラマ』びっくり

【近づき難く感じさせ、周囲の人達との距離を置く 
  批判されるのを恐れ、自分の考えは明らかにしない(傍観者とは)
  そして 
  無関心な態度をとることによって、周りの関心を引き相手を
  自分のペースに巻き込む事を無意識にしているという事らしい・・・】




このような言葉をKさんになげかける人は一体誰かと思いました。


当日にセラピーをご希望だったので、直接電話してからmailでやりとりして

Kさんの仕事帰り、夕方に会う約束をしました。


某企業で働く30代女性です。

笑顔が原田知世さん似の可愛らしい女性です。

まず、mailでいただいた内容についてお話してくれました。




 嵋鬼兌圓離灰鵐肇蹇璽襯疋薀泙ある」と指摘された

 将来結婚を考えていた彼女は自分を変えるべく自己啓発セミナーの

 連続講座に申込をし、指導を受けていたそうですが、

 人と違い大きく感動したり、
 
 講師に対してそれほど心を開かなかった時に、

 その講師から

  「君が話すと場がしらける。周りをみて・・・・・・

   君には傍観者のコントロールドラマがある」



と、皆の前で指摘されたそうです。


Kさん:「私は加害者だと思っていたのでびっくりしました。」



私は内心『そんなセミナーに行かなくてよろしい!!』

と言いたい所をグッと押さえて彼女の行動に任せることにしました。



私:「多分・・・、Kさんが自分のペースに乗ってこなかったので苛立ちを

   感じたのかもしれません。しかし、そういった仕事をしている人が言

   うべき言葉ではないと思います。時々、セラピストを喜ばせるような

   言動や行動をする人がいますが私には必要ありません。そのセミナー

   に参加されてる多くの受講者は大きなリアクションで講師を乗せてい

   る可能性があります。講師の方の為のセミナーではありません。お金

   を出しているのですから、お互いが礼節を持ち、対等な立場で接する

   のですから、講師やセラピストに気を使う必要はないのです。Kさんの

   いいところだと思います。身を守っているのかもしれません。

   悪い勧誘などに乗りにくいと思います。集団催眠にかけられないか
   
   らいいですね。

   自分が同意できないものまでリアクションをとる必要はないと

   思います。
  
  Kさん自身がまともな判断ができるという事ではありませんか?楽しい



▲ぅ鵐福璽船礇ぅ襯匹鯡したい・・・

  Kさんは正直な方で

Kさん:「私は人に心が開けず、不安です。どう見られているか・・・

    友人にも見栄をはったり、大きく見せようという所がある。

    両親についても家は父さん1番、母さん二番、子供はその他で

    寂しさを感じていた・・・姉とは仲が良いが姉は優等生で結婚もし

    て、誰の目から見ても順調な人生を送っている・・・・
  
    平和そうに見えるが姉も人に深入りしないタイプかもしれない」


他にも、甘えたいが、相手に甘えられるのはイヤだ。だから付き合った男性

も離れてしまう。


ご両親については、お父さんは厳しい方で、お母さんもお父さんも

Kさんにだけ手を挙げたそうです。


小学生の頃、母親から「Kは人に感謝なんてしてない!!」と

強く指摘されたことを語ってくれました。



Kさん「私は感謝のない人間なんです」



私:「そんな事どうして思いますか?先ほど会社の事をお話して下さった

   とき、会社にも働いている人にも感謝の言葉が沢山でていましたよ」



Kさん:「あれ?そうでしたか・・・」




厳しい・高圧的


とKさんが感じている両親。



Kさん:「ですが、今思いっきり甘えています。

     手をかけてもらいたいのです。子供時代をやり直すために」



よく、自分が解っているのですね・・と話しながら私たちは笑いました。


そして、年齢退行によって、自分の子供時代を振り返り、

その時の感情を今の大人の自分から感じて、

子供時代に閉じ込めていた感情を大人のKさんが受け止めてみる

ことになりました。




・・・・・・・・・・・・・・・年令退行・・・・・・・・・・・


○○○小学校 今、三年生、左に 雲梯(うんてい)・・・てつぼう、

雲梯で遊そぶ・・・(声が小さくなり、言葉使いが変わる。)



(その後、自分のいた教室に入ってもらいました)


五年生・・右、廊下がわ後ろの席・・・パチパチ・・・そろばんの音

女の先生、メガネかけてて怖そう・・・

(女先生のからKちゃんを観てもらうと、先生は彼女を可愛いと思っていたこ

 とがわかりました)




小学校三年・・・ 水のみ場 何か・・・ さかな屋さんのおばさんが珍し

い魚を持ってきてくれた。小3・・・ ぬるっとしている!! カブトガニ

みたいな硬い・・・茶色・・尻尾・・・何かびっくりした〜・・・・



小学校五年・・・ 外にいる うさぎ小屋・・・飼ってたウサギ 

死んでる・・・すごい世話をした。6月・・・洗ってあげる・・・

同級生の男の子が二人見ている、へんな事を言う

「死んでる、気持ち悪い」と言われてショック


(男の子の中に入り気持ちをたしかめると、

「見た事ない・・・K子さんが洗っているのを見て本当はスゴイなと感じてい

た。気持ち悪いと言ってごめんねと謝った」)




正門から家に帰る。小2・・・誰もいない。お母さんは仕事だから鍵をあけ


て家にはいる・・・ランドセル置いてお水飲む・・・ さびしい・・・

一人遊びに行く・・・




夕方、お母さんが帰ってきた!「ただいま」 嬉しい、

お母さんもっとギュッとしてほしい・・・

お母さんの中に入る「(Kちゃん)もじもじしている。」

やわらかい・・・優しい・・・・

熱を出す・・・お母さんがそばにいてくれて嬉しい、タオル・・・・



お父さん:「どうしていいかわからない」 

お土産 名前のハンコ買ってきた・・・

欲しくない!物は欲しくない、優しくしてほしい。

お父さんに頭を撫でて欲しい・・・
  お父さん好き、笑っている・・・・

お父さん:「守ってあげなきゃ・・・Kちゃんが生まれてよかった」


(お父さん、お母さんに挟まれ小さい自分が見守られている事を思いっきり

 感じるそして、大人のKさんが、小さいKちゃんに対面する)

 小さいKちゃん、一人でいる、じーっと私を見ている・・・

 不安だった・・・抱きしめてあげたい・・・・安心する・・・


小さいKちゃん:「あったかい・・・悲しかった
                いっぱいがんばって・・・ うれしい」



     年齢退行後、事後カウンセリングをして終了とした。21:10PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



その数週間後、mailをいただきました。


緒方様

お世話になっております

先日はありがとうございました。

Kです。ちょうど2週間たってその後についてご連絡させていただこうと思い

ます。何かが大きく変わった、という感じではないのですが


「自分がしたいと思うことだけをしよう。自分を大切にしよう」


とより強く思うようになりました。


その中で、お話させていただいた心理学の先生のご指導をやめる決断が出来

ました。
今までのご指導は私に必要な物だったけれど、もう今の自分には必

要ない。と手放す勇気がもてました。


それまでは「ご指導をやめたら結婚できないのでは。1人でどうしよう」とい

う不安があったのですが、

自分に自信が持てたようでその決断にいたることができたのだと思います。

どうもありがとうございました。

これからも「自分がしたいかどうか」


を基準に行動やモノを選択していこうと思っています。



自分を肯定でき、自分のインナーチャイルドを大事にして生活できていま

す。怒ったり、むかついたりすることもそのまま受け入れています。そんな

自分も自分ですものね。

                    ※原文のまま載せています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さい時の自分に自分から向き合って、皆がKさんのような決断や考え方ができるかはわかりません。ただ、自分が愛されている事を知って安心できると
心の揺るぎはそれほど起こらないのではないかと私に教えて下さった内容でした。

ありがとうございました。


催眠療法体験談 東京都 渋谷区 練馬区
ヒプノセラピー体験談 東京都 渋谷区 練馬区
前世療法体験談東京都 渋谷区 練馬区

| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 06:02 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
☆マナティ様

 自己啓発セミナーで、結果を出せる人もいます。

 彼女には、その講師さんが向かなかったのかも

 しれません。自分で決断できるって本当にすごい

 ことですね。Kさんの本来を発揮できて

 良かったとおもいました。


☆松坂牛美さま

 時々は、頼ることもあっていいと思いますが、

 基本的には自分で決断できる方向に見守って

 あげるのが、夫婦や先生、親、セラピスト、療法家

 だと思うのですが、自信満々な人といると錯覚を

 起こしてしまう人も多いかもしれません。Kさんは

 みごとに立ちあがりました。





 


 

 
| 緒方→ マナティの愛様  松坂様 | 2011/07/30 4:24 PM |

心理学の先生やセラピストさんに知らぬ間に
依存していると…
その人が居ないと生きて行くのが
不安になることってあるような気がします。
結局は自分の中に答えがあるのだと思いますが?
セラピストさんの誘導で毎日が楽しめて!
「自力」で過ごせるのが一番ですよね〜(^o^)丿
| 松坂牛美 | 2011/07/27 1:22 PM |

自己啓発セミナー?…
Kさんヤメル決心が出来て良かったですね!
でも、そのセミナーを受けた事で
結果カメリアと出会い良い方向へ動いているように
感じます。
「自分がしたいと思うことだけをしよう。自分を大切にしよう」
素晴らしいと思います。
大人になっても、子供の時の体験は
色々な影響がある事を今一度確認しました。
子供に対する態度言動を大切にしていきたいと
心に留めました…感謝です!
| マナティの愛 | 2011/07/25 11:50 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hypno-camellia.com/trackback/1431257
トラックバック