S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
<< カニトップ下 by甲子園球場 | main | ヒプノセラピー体験談 年齢退行 前世療法 ダイエット&男性恐怖症を改善したい 20歳 大学生 >>
ロマンティック神戸が一転、熱闘甲子園へ  お盆休み旅情編
8/15 甥っ子を連れて神戸へ

 
8/10日・・・


  小6甥: 「どこか泊まりにいきたいよう。夏休みなんだから

        牧場とか、どこか行きたいよ〜。ねえ、お母さん休みが

        ないんだって。どこか連れてってよ」




  調べてはみたがお盆ギリギリでどこも安い所はいっぱいしょんぼり




  そんな時みつけたのが、神戸空港行きの空席・・・ まさかとおもいつつ

  宿もキレイ目なビジネスホテルを発見。



そして・・・安い!!



 
 頭の中はすでにムーンリバーがミュージックスタート♪♪〜〜


  ああ、そうだわ 神戸、神戸の夜景・・・きらめく夜・・・港町

  外国人居留地・・・素敵な洋菓子・・・ 私の夏休みにピッタリラブ

  気分は二時間ドラマの女王
飛行機



私:「発表します。お盆は神戸に行きます。お母さんいなくても大丈夫?」


甥:「うん、行きたい。神戸ってなにがあるの?」


私:「う〜ん 子供が好きなものはあまりないけど電車にのれば〜



   甲子園球場もある」



甥:「え?本当 甲子園に行けるの?」






・・・というわけで甲子園へ


8/15は外野席で観る。


8/16はどうしてもバックネット裏で観たいというので15日の日に

警備員さんなどに情報を聞き込んだ。

警備員さん:「朝6時ですともう並んでいますよ」



翌日は神戸元町駅  阪急電鉄始発 04:52分に乗り、(各駅のみ)

甲子園には 05:22には着いていたように思う。



しかし、甲子園で我々が目にしたものは



すでに長蛇の列・・・・びっくり



私たちはバックネット正面裏を諦めてともかく列へ並びだした。

あまり多くの人に朝06:45チケット売りだし。一人5席まで買える。


それでも07:00には球場に入ったので早い方だったが、

特別自由席の3塁側の前から

2列目に座った。(TVに映らない所らしくそこは座れた)


私は途中で帰る予定であったが、

目の前で行われている 高校球児たちの試合を見て感動し

結局 四試合すべて観戦した。



私はあんなに懸命に生きたことがあったろうか・・・?


負けたらもうおしまい。そんな厳しい世界に身を置いたことがあるだろうか?


いつも逃げる 勝ち負けや勝負事が嫌いで逃げる。 負けるのが嫌だから。


負けを受け止められないから逃げる。


トップを目指した事は一度もない私。


だから すぐ 目の前の真剣勝負に思う所がたくさんあった。


負けそうでも最後まで諦めない。精一杯プレイする。





試合に負けた選手たちを、座席の大人たちが涙と大きな拍手で送り出す。



私も久々に泣いた。年なのか・・・ 心から涙があふれてきた。


きっと自分を振り返って涙がでてきたのかもしれない・・・



本当にいい旅だった。 



私は甥っ子を連れてきてあげたつもりだったが、


実は連れてきてもらったような気がする。


ありがとう。











| hypnocamellia | - | 00:00 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
☆まんた様

 ありがとうございます。文系の私にとっては
 
 スポーツはかけ離れた世界でしたが、物事に取り組む

 姿勢は何の世界も同じかもしれませんね。

 私に欠けているもの猊蕕韻嵯い瓩任后

 人間だから生きてゆけるようなものの、

 野生の王国ならば即、死につながりますからね。

 演劇も、書道も、料理も、仕事も、音楽も

 究極は 自分との戦い(向き合う)事かなと

 ひっそり考えております。

 
| 緒方→まんた様 | 2011/09/28 10:26 AM |

いまごろすみません。
なんだか、とっても感動しましたよ。
ありがとうございます。
| まんた | 2011/09/27 2:09 AM |

☆ イケメン母様

  私のロマンテックな妄想とはかけ離れて
  しまいましたが、新しい世界を知って
  私にとってはとても良い経験でした。

  私も全く野球に興味ありませんでしたが、
  観たら感動しました。本物を観るって大事
  だな〜とつくづく感じました。

☆マナティ様

 自分ひとりで甲子園へ行く事は生涯なかったと
 言い切れます。自分の知らない世界に
 沢山学ぶことがありました。
 野球は頭脳だと思いました。

| 緒方→ イケメン母様 マナティ様 | 2011/09/12 12:55 PM |

子供と一緒だと普段は絶対にしない行動しますね。
最後まであきらめない彼らのキラキラ輝く目が素敵で
野球に興味がなくても
見入ってしまいます…
ありがとう!高校野球!
| マナティの愛 | 2011/09/09 1:32 PM |

神戸はお洒落!(^^)!
そのロマンティックな妄想わかるわ〜〜…
現実は日焼けと感動!!だったのですね?
心からの感動と涙は
その瞬間、全身全霊で一つの目的に向かっている
青春そのもの!!
我が家のイケメンは野球に全く興味が無いようだけれど
観たら きっと感動ね!
連れて行ってもらって良かったですね〜§^。^§
| イケメンの母 | 2011/09/09 10:38 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hypno-camellia.com/trackback/1431879
トラックバック