S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
<< 誘われない人  | main | 目黒駅徒歩2分 ヒプノセラピー カウンセリングルームできました。 >>
「お母さんに褒めてもらいたかったのにさ」   セラピーの現場より
男の子:「緒方さん、僕ね、息つぎしないで、12メートル泳げたんだよ」




緒方:「それはスゴイ!苦しくなかった?え〜スゴイ!!」




母親:「え?そんなにすごいですか?あたりまえじゃないですか。私が小学生の頃は息継ぎしなくても25Mぐらい

    余裕でしたけどね」



男の子:「ここに来る途中にお母さんに言ったら「なんでそれしかできないの!」って怒られた

     僕はお母さんがてっきり褒めてくれると思ったのにさ」




母親:「褒めるわけないでしょ、あたりまえ以下なの!」



男の子:「だからね、僕はムカついたんだ」




母親:「だからってコンビニで買い食いすんじゃないよ。グミを2袋も!!」(←違う事で怒り始めた)



緒方:「買い食いか・・・大人気分ね」



男の子:「そうだよ、僕、自分のお小遣いなのに母さんにガミガミ怒られた。いつも怒る」



母親:「12メートル泳いでいい気になって自慢してくるんですよ?」



緒方:「私あまり泳ぐのが得意でなかったので、すごいとおもいました。まだ、小5ですよね

    すごい事ではありませんか?それまで泳げなかったのですよね。練習しはじめて

    泳げるようになっているんですよ。0から12ですよ。」


男の子:「0じゃないよーだ。5メートルぐらいは泳げたもん」



母親:「低学年の子と同じレベルで喜んでいたので・・・まさか褒めてほしいとは思ってもみませんでした」



男の子:「そうだよ、僕は褒めてもらいたかったの」



母親:「ハイハイ、褒められたかったのね」(→すこし恥ずかしそうに)


などと、会話が進んで一件落着?



さて、この親子は 母親39歳 男の子11歳

息子さんがすぐに怒ったり、イライラが激しいということで前にお見えになったことがあり、

今日は報告に遊びに来て下さったのだ。たぶん一時間ぐらいお茶を飲んでの話だったと思う。


いつも、自分で壁に頭をうちつけたり、感情的になる息子さんに何かヒントがないかと思い

こちらに来て下さったのが半年ぐらい前の話。



当時、5年生になったばかりの彼と私で雑談しながら出てきた言葉がいくつかある

もちろんお母様には席を外してもらい話をしている

雑談の最後の方になると・・・




男の子:「母さんは僕をけなす  すぐに怒る だから僕も真似して怒るんだ」


緒方:「ああ、そうなのか、お母さんの真似をしているんだ」


男の子:「(お母さんの声を真似て)『あんたはね!&%%$#$##$$&’’#”?**&&%%なんだから

     私が先生に怒られるの!いい加減になさい!』っていつも怒鳴りつける、だからムカつく、だから

     怒るんだ僕だって」



緒方:「お母さんに怒鳴りつけられるとどんな気分になるの?」


男の子:「ムカつく!死にたいよ!・・・・・・だって母さんは僕が嫌いなんだ・・・・

     ・・・・だから僕だって母さんきらいだよ」


緒方:「●●さんは、お母さん嫌いなの?」
 

男の子:「ううん、好きだけど母さんが僕を嫌いだから、僕も母さんを嫌いになる・・・・いつもダメって言う」




緒方:「お母さんに言ってみたら、

     『僕はお母さんにこう言われて嫌な気持ちになります。だから怒ります』って」



男の子:「そんな事言ったらまた怒られるよ、きっとそうに決まってる。だからムカつくから怒る。破壊するんだ」



緒方:「お母さんに言う代わりに怒ったり、モノを壊してるのかしら?」



男の子:「そうかな〜。わかんないけど、多分そうかな?」



・・・・・・・・・・・・・・・・・しばらくして家での出来事・・・・・・・・・・・・・

男の子:「いま、お母さんは僕を×××って言った。だから僕は怒る」といいながら鉛筆を折った。


そしてしばらくしてから


男の子:「いま、お母さんの言葉に僕はキズついた」


しばらくして


男の子:「お母さん、なんで怒ってんの?そんなに怒ること?」



というように、壁にあたまをぶつけたりモノを壊す事をするよりも、言葉で伝えてくるようになったそうだ。

だからといって、お母さんのガミガミは変わらないが、男の子は自分で行動を変えてみたのだ。

そして勉強も自主的に行うようになったとの事。

そして今日は、「お母さんに褒めてもらいたかったのにさ」と自分の気持ちをお母さんに伝えたのだ。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    カウンセリング・催眠療法 Camellia  http://www:hypno-camellia.com
       東京都 催眠療法 カウンセリング 山手線 目黒駅徒歩2分












JUGEMテーマ:育児


| hypnocamellia | セラピーの現場から | 12:24 | comments(5) | - | ↑TOP
コメント
☆マナティ様

 たしかに、お母様という案もごもっともですが、

 誰しも、自分に問題があるとは思わないものです。

 この男の子は、自分で生きる技を獲得したんです。


☆イケメン母様

 そう、このお母様は照れ臭そうでした。

 きっと、ご自身も褒められた事がないのかも

 しれませんね。今度は息子が母さんを褒めて

 母さんが、息子から学ぶ?のかもしれません。

 子供は私にとっても偉大な先生です。


☆現場監督様

 71歳ぐらいですと、昭和15年ぐらいの方でしょうか?

 その方の親は大正生まれとしても、褒めて育てられた

 世代ではないでしょうし、

 「男は黙って背中を魅せる」というお考えの方。

 良い仕事をしても称賛される事がなかったのですから

 きっと、お喜びになっているでしょうね。


☆アマッシュ様

>嫌な奴に「お前嫌な奴だな!」って言いたい!!

とのお言葉・・・ 私は27歳の時に

「悔しかったら俺に勝ってみろ」と言われ

「私は勝ち負けで生きてはおりません」と毅然と

言い返して相手の目が (*_*)となって、しばらく

動けなくなったのが初めて人に言い返した体験です。

それ以降はあまりありませんが、

「性格悪〜(わる)」って呟いてみたら

いかがでしょうか?かすかに聞こえる微妙な音量で

(*^_^*)

私が会社員時代、よく頭の中だけで言ってたセリフは

「黙れ、外道が!!叩き斬ってやる」です。 
 
| 緒方→マナティ様  イケメン母様  現場監督様  アマッシュ様 | 2011/11/24 10:26 AM |

親に言いたい事言えるって素敵
上司にも言えたらいいなぁ〜〜…
嫌な奴に「お前嫌な奴だな!」って言いたい!!
| アマッシュ | 2011/11/19 10:46 PM |

褒められる!認められる!
実は私が尊敬する大工さんは71歳
思い柱担いで車はぶっ飛ばす…
初めは笑顔も無く、話もしなかった(-.-)
でも、その大工さんを凄い素晴らしいと仕事を褒め称えているうにち
笑顔も毎日、話してくれるようになった!
だって本当に素晴らしいのです。
何歳になっても、褒められ認めらてたら
きっとヤル気も出て嬉しいのだと思いました!
| 現場監督 | 2011/11/18 8:11 PM |

照れくさいのかしら?
私は褒めすぎて麻痺しているのか
テストで良い点の時に
「凄いわね〜」っと言っても
喜び方が少ないと 不機嫌なイケメン息子
何でも、ほどほどが一番なのかもしれません(#^.^#)
怒るのはイライラしているからかな〜〜?
私の場合は、注意とか叱るのは親として必要かと思ってます。
でも、怒っているときは できてないな〜〜…
っと反省しきりなんですよ(ー_ー)!!
そうやって、母として成長しつつあります!
| イケメンの母 | 2011/11/17 7:40 PM |

ん〜〜…
私の妹も、いつも怒っているみたいです…
何で怒るのかしら?
幸せでは無いから怒るのかも?

男の子がカウンセリングを受けるより
お母さんが何故そんなに怒ってばかりいるのか
観てみたら「アッと言う間」に解決したりして?
ちょっと乱暴だったかしらん!失礼しました。
| マナティの愛 | 2011/11/17 7:02 PM |

コメントする