S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
<< ヒプノセラピー体験談 遠いインドの記憶  男性 | main |
ヒプノセラピー体験談 ミュンヘンでの人生  40代 男性
2016年に受けて下さった方で、今回はいつも見る夢の内容がわかりました。
ご本人様が、テープを聞きながら(催眠が深く話した事を覚えていないため録音)
文章を書いて下さいました。シェアを快く申し出てくださいました。

催眠の中で出てきた家族は、現在の家族ではないとの事。

現在の人間関係の中で特に思い当たる人がいないそうです。

表情や声、しゃべり方が年令によって変わっていきました。(言葉づかいがだんだん丁寧に)


注:前世を感じない方も時々いらっしゃいます。心にとめてお読みください。


誤字などあるかもしれませんが、勢いそのままに載せてあります。
よろしければ、是非ご覧ください。


************************ここから送って下さったメールです*******************

二回目の退行催眠を受けてから自分の一つ前の姿、顔、服装などが、帰宅中にふわっと浮かんで見えてきました。
さすがに、直前の人生だったので、身体も結構だるくなり疲れましたました。(心地よい疲れです)

今ある身体の症状の原因がわかったのはとても良かったです。

昨日のヒプノセラピ−の内容、西ドイツ編を少し簡単にまとめてみました。

夢でよく見ていた、一つ前の人生のドイツに戻ってみました。





1941年生まれ 性別 女性
名前・エリザベ−ト

父親は二歳の時に、遠征先で戦死。1943年ドイツ軍の将校。

母親は六歳の時に、病死。1947年(おそらく当時流行っていた結核だったらと思います)とても優しい母だった。
年が近い弟は三才に亡くなる。1944年


住所は西ドイツ商業都市ミュンヘン。

場面は1954年。13歳

お気に入りのワンピース
(上からすっぽりかぶるタイプ)を着て、靴は茶色でパチッと留めるタイプを履いている。
髪は金色で肩までありリボンをしている。
かなり社交的な性格。

(催眠に入ってこの少女に戻ったとき、肉体の体の回りの気の身体が変化するのがわかった。この少女の身体になっていた)
今いる場所は外。石造りの道を散歩している。


アパートのベランダにあるお花のポットを見ている。お花は小さい。
自分の家はこの通りの近くだ。

場面は変わり、自分の家。
大きなお屋敷。芝生の庭に大きな元気な犬がいて、私にすごくなついている。(パトラッシュみたいな犬)


家の中に入る。お祖父さんがいる。私の母方の祖父。大きな置時計があり時刻は午後1時20分を指していた。

(去年、夢の中でみた父親だと思っていた人は、自分のお祖父さんだった、町のお店に行き画材道具を買いに一緒に行ったり、カメラ屋さんにも見に行った。この時の、夢はとてもリアルだったのを覚えています。夢の中でドイツ語で会話もしていました。)


食事の時間。
私が座る場所は、長いテーブルの左のはじっこ。
お祖父さんは真ん中に座る。
目の前に、お皿、フォーク、スプーン、ナイフ、パンも置いてある。

食事の席に両親の姿はない。

好きなことは、お茶とクッキーを食べるのが好き。
二階の私のお部屋。

大きいグランドピアノが置いてある。
ピアノのメーカ−はベ−ゼンドルファ−(オ−ストリア製で確か97か98鍵盤あるピアノ)
ピアノは母親から教わった。

(今の自分が10代の時に、このメーカ−のピアノに興味がありカタログをみたり、東京にあるショ−ルームに行き、スタジオを借りてピアノの練習をしたことがありました。
そんなに上手には弾けませんでしたが、ベート−ベンの月光ム−ンライトソナタの第一楽章と第二楽章は弾きました。)



窓が空いていて、風が入ってきている。

(何故か両目から涙がでてきました。当時の自分に戻ったからでしょうか。)

場面は変わり1955年14歳。
病室のベットで点滴をして寝ている。肺の部分に疾患がある。

病院生活はとてもつまらない。

場面は変わり1958年17歳。
墓地にいる。棺がみえた。お祖父さんが死んじゃった。私、一人だけになっちゃった。寂しい。

場面は変わり1968年。27歳
海が見える。すべての寂しさを忘れるための一人旅。本日は快晴。場所はエーゲ海。
この旅で大きな変化はなかった。


場面は変わり、上から下を見ている。森が見える。あ!私の家だ!この時私は既に肉体を離れていた。

1968年のエーゲ海の旅先で、数日後に交通事故で亡くなる。身体が挟まってしまった。
その時の影響が、今の身体の背骨、右側の肋骨にでているとわかった。

どんな人生だったか・・・戦争があったか嫌だった。家族も亡くなり親戚もみんな死んでしまった。
やりたかったこと・・・
花壇を作り綺麗なお花を植えること。


この時代から、今の自分に引き継がれているもの・・・芸術的な感性

結構、大変な人生だったと思いました。一人で寂しかったと・・・

催眠中のしゃべり方も、少女の時は子供っぽく話し、成人したときは敬語を使い話してました。

今回は二時間半ぐらいの退行催眠でした。

2時から少しお話をして、催眠に入りお茶を飲み終わったのが5時ぐらいです。
| hypnocamellia | ヒプノセラピー体験談 | 18:05 | comments(4) | - | ↑TOP
コメント
☆楽しいBBA様
 本当に近い生まれ変わりですね。
 S20年の戦争で亡くなった軍人の男性が生まれ変わった
 話をテレビで観た事があります。とても詳細でした。

☆オカリナ様
 子供時代を振り返って、細かくその時を感じたの
 ですね。私も産院で生まれた時の事を観じました。
 古い産院のタイルや空気感・・・

☆ケトジェニック様

 私は前世を見ましたが、同じ家族でもみない人
 もいました。これも個性です。子供時代に戻ろうとした ら前世に飛んでしまった方も・・・
 見せたいものの優先順位ではないかと思っています。 

| 緒方→ ケトジェニック様 オカリナ様 楽しいBBA様 | 2017/07/29 11:02 AM |

前世を見たいと思っても見れない人と
事細かに何世代前までも体験できる人との
違いは何だろう?っと思ってましたが
必要か否かの違いなんでしょうか?
「それ」を見て今の疑問や問題を解決したり
役に立つ場合は観れるのか?
見てみたくてワクワクしますが
見たことがない私です・。・。・。・
| ケトジェニック | 2017/06/07 8:09 PM |

私は現在の自分が小さい時を見たのですが
靴下のレース柄、相手の胸の名札から顔の表情
そして交わした言葉まで分かるのが不思議でした。。。
普段は思い出すこともできない遠い昔の
お弁当箱の中身まで見えるって
どこかにしまってあるような気がします(#^.^#)
3時間もアッという間なのでしょうね!
今度は前世を体験したいです!
| オカリナ | 2017/06/04 5:57 PM |

前世と言うと100年以上前等のイメージがありますが
つい、この間でしかも直ぐに生まれ変わっているのですね!
とても興味深いです。
ドイツ、西と東に分かれていた頃…
身体にも前世の名残が出ていて
私も自分の前世を見てみたいです( *´艸`)
| 楽しいBBA | 2017/06/03 10:30 AM |

コメントする