S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
<< ヒプノセラピー体験談 ミュンヘンでの人生  40代 男性 | main |
継母への恨み?78歳反抗期
私の母、

物忘れなど多く、よく世話を焼いてくれる姉にも噛みつくようになり、なんとか仕事や家庭の合間に

母を見にゆくことはこれからもっと頻繁になるかもしれません。


その事で、仕事をお断りしたこともありました。それも私の人生の1ページです。



私の母は、あまり子供時分の事を話さなかったのですが、考えたくないので忙しく活動していたように思います。

年を取り、子供たちも独立し、体が自由に動きずらい今、母自身の子供時代を語るようになりました。


要約すれば・・・

私の祖母は35歳で亡くなり、その後新しい後妻さんが入り、16歳・14歳・12歳の姉弟 

冷たい時間を過ごした。ごはんも作ってもらえず。

程なく、腹違いの妹2人が生まれる。新しいお母さんは冷たい・・・

『お父さんがしっかりしていないから、本当つらかった・・・あんな人と再婚するなんて』



と、こういった話で、 孫がきても迷惑そうなおばあちゃん・・・二度と泊まりに行くか!と誓う小学生の私。

でも母は当時一切祖母(継母)の悪口を言うことはなかった。仏の教えで乗り越えようとしたのだ。


78歳になったやっと今、思いを打ち明ける事ができるようになったのだ。あまり乗り越えてなかったみたい。

「そうだったんだね」と何度も同じ話を聞く私。

年が明けても気が済むまで、16歳だったの母さんの思いを受け止めよう。60年過ぎて、止めていた思いが

噴き出してきた。反抗期なくて優等生で物分かりのいい子?いいえ、母は普通の女の子だったのだ。



良い年をお迎えください。2018年も大変お世話になりました。camellia  ありがとうございました

| hypnocamellia | - | 17:56 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする