S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
<< 最期は 愛していると伝えて・・・ | main | ヒプノセラピー体験談 練馬区 40代 女性 >>
子供がトラウマを抱えるとき の特集をしている本があった
ちいさいおおきい という ジャパンマシニスト社出版の刊行本
癸僑兇瞭箪検´気蓮◆ 屬海匹發トラウマを抱えるとき」

もちろん、内容は本を買っていただいて確認してくださいね。
ただし、他の本と違うのは専門家がただ意見を述べているだけの本ではなくて、トラウマという言葉の説明や、生の読者の声、とくに子供の反応が
リアルです。

両親が喧嘩していると・・・

 間ををとりもっておどけてみせる子 
 父と母が離婚したらどちらに付いてゆこうか真剣に悩む子
 部屋で小さくなり、しょんぼり登校する子
 どもるようになる子 
 目が泳ぐ子
 両親と距離を置く子


子供の反応にケースはないように思います。読んでいると私自身の事を思い出しました。

私の両親は喧嘩はしないのですが、怒鳴り散らす父親の目の色を伺い
怯えていました。母親は何も言い返さないでひたすら耐える人でした。
今日は何もないか・・お父さん機嫌いいかな・・
そんな事を思いながら小学生の私は家に帰ったものです。

他の友達が楽しそうで・・・
私は遊んでいても心からはしゃげなかったのです。

早い時期から さめた子 でないと 親を嫌いになりそうでした。
親を理解するために、 さめた子 になったように思います。
仕方ないんだ・・・

早く大人になりたい・・・ 自分の力で生きてゆきたい・・・

なので、学校へ行ってもなぜか浮いた気持ちがどこかありました。

だいぶ前に父はなくなりましたが、今はおかげさまで父の子でよかったと思えるようになりました。(もちろんヒプノセラピーのお陰です)

大人が思うより子供は傷つき、自分が存在していることに不安を覚えるのです。でも、大人だって疲れて子供に暴言を吐いたり、意地悪い事を言ったり、夫婦喧嘩したりするかもしれません。そんなときは後から一言

「さっきは、ごめんね」 「あのときは、ごめんね」 「愛している」
何らか、子供の存在を認めて言ってあげて下さいましね。

 弱虫で泣き虫の小さなたえちゃんだった、私からのお願いでございます。
| hypnocamellia | セラピスト緒方妙子の詳しい説明 | 18:09 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
子供は小さいから大丈夫と夫婦喧嘩を平気でしていましたが↓↓
きちんと傷付いて笑顔も少なくなるのですね・・・
最近、自分が変わってきたかも?っと思っていたら
息子がとても明るく一日中笑っているのです?
壊れたかな?っと心配になるほど笑っているのを見て
これが、本当の姿だとしたら今までの息子は別人です。
子供は神様に近いのですね!
日々の言動に注意をして愛で溢れる子育てをする事を誓います!
が〜っと言ってしまう事もありますが、
あの言い方は大人では無いし下品でした!
っときちんと頭を下げて謝ると小学生の息子は
そういう事もあるよ・・・許してあげるよ(^−^)v
っといつも許してくれる息子に感謝です〜!!
| イケメンの母 | 2008/11/25 3:34 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hypno-camellia.com/trackback/983207
トラックバック